2.イメージを絵にする

2番目の工程は、イメージを絵にすることです。
絵にすることで、さらにイメージを検討することが出来ます。
この段階でも細かいサイズなどは気にしなくて良いと思います。

広告や要らない紙に手書きで描く

一番手っ取り早いのがこの方法です。いらない紙に絵を描いて、それを設計図としても使用していきます。
絵を描くのは得手不得手があると思いますが、自分で作るのなら、自分に分かる程度でOKだと思います。

画像編集ソフトで描いてしまう

フォトショップなどの画像ソフトを使える場合は、PCで描いてしまいましょう。
データとして描いてしまえば、修正も楽ですし、色とかも簡単に検討できるようになります。

インテリアデザイナーなどのモデリングソフトで描く

簡単に言えば、3DCGで描いてしまう感じですね。
一番良いのは、画像編集ソフトで描くのですかね。
フォトショップなどは、色なども簡単に変えられるので検討しがいがあります。
雰囲気も分かりやすいです。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

Sorry. No data so far.

この記事のタグ

タグ一覧