ビンの蓋塗料をはがしてシャープな調味料入れに


鮭フレークの蓋をシャープな感じにして調味料入れとしてリメイク。

 

鮭フレークの空き瓶


みんな大好き鮭フレークの空き瓶。
掴まりが良く使いやすいけどこのまま使にはちょっとためらいが。
そんな時は右の塗料はがし剤で蓋の塗料を剥がしてしまうのも良いかもしれません。

作業は必ず屋外で


作業は必ず屋外で行います。
下には新聞紙などを引いて、蓋、溶剤、刷毛を用意。

蓋に溶剤をたらす


蓋に溶剤をたらし、刷毛で伸ばしていきます。
色の付いている所に満遍なく塗り終えたら軽く放置。
刷毛というより筆の方が塗りやすいかもしれません。

耐水サンドペーパー


ハシで軽くこすると溶剤によって浮いた塗料が剥がれ落ちました。
これを今度は耐水サンドペーパーでこすっていきます。

さらにこする


左の様な裏が布で出来ているのが耐水サンドペーパーです。
これを5cm角ぐらいに切って、さっきの蓋を洗い落とすように研磨します。
ぬめっとした溶剤が落ちたら一旦水をふき取り、乾いた状態で再びこすります。

完成


くぼんでるところはサンドペーパーを箸に巻きつけてこすります。
そんなこんなやっているうちに左のように、にぶーい金属テイストの蓋が出来上がります。

作成に必要な材料と材料費

 

あわせて読みたい関連ページ

DIYカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧