空き缶で作れるキャンドルホルダー


空き缶をリメイクしてキャンドルホルダーを作ってみました。

空き缶を用意


手ごろな空き缶を用意して下さい。
アルミのものが柔らかくて加工しやすいです。

サンドペーパーでこする


塗料はがし剤を塗って周りの塗料を浮かしたあと、サンドペーパーでこすります。
塗料の種類によっては剥がしにくい場合がありますが、そんな時はカッターでギザギザに傷つけてからサンドペーパーでこすると落としやすくなります。

飲み口の部分


飲み口の部分をカッターやはさみで切り落とします。
金きり用ののこぎりでもOKです。

縦方向に八等分


写真取り忘れて工程が分かりにくいのですが、まず空き缶を縦方向に八等分します。
そして外側に下までめくり、めくったものを内側に折りたたみます。
そうすると写真のような蛸をひっくり返したような感じになります。

針金


次に針金を一つずつ巻いていきます。
この時上の部分に丸い空洞が出来るように作業してください。
箸なんかをはさみながら巻くとやりやすいと思います。

完成


八本全てに撒き終わったら、上の空洞に余った針金を通して全体を締めます。
結び目はねじるだけでOKです。
そして余った針金を切り落としたら完成。
針金を太くしたり、ステンレスにしたりしても表情が変わって面白いです。

作成に必要な材料と材料費

  • ・空き缶
  • ・銅の針金(0.23mmを30m)¥100
  • ・銅の針金(0.23mmを30m)¥100
  • 塗料はがし剤(ホームセンターで購入)¥600
  • ・カッター、はさみ、サンドペーパー、ペンチ

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧