和風モダンな?すのこローテーブルの作り方

すのこを使ったローテーブルの作り方をご紹介します。座スタイルにピッタリな高さのシンプルなテーブルですが、下駄を利用した収納など少しアイデアDIYかなって思ったり。

それでは作り方をご説明します。

すのこ2枚

すのこでちょっと無骨なローテーブルを作ってみましょう!
すのこは85cm×37cmを2枚、たったこれだけです。
ローソファなんかと合わせると見栄えすると思います。

下駄を傷つける


まずはすのこを裏返して、下駄の部分にカッターなどでジグザグに傷を付けます。
傷を付けたら木工用ボンドを擦り付けるように塗ってください。
これを2枚行います。

すのこを重ねる


次に2枚のすのこの下駄を合わせて接着します。
重ね合わせたら、何か重りを載せておくと良いでしょう。
重りは各下駄の上に載せると効果的です。

両端をカットする


続いてすのこの両端の出っ張っている部分をノコギリでカットします。
16枚の木片が出るはずです、そしてこれを足として使います。

足を取り付ける


前工程で出た木片を4枚ずつ重ねてボンドで接着します。
4つの足が出来るので、それをすのこの下に、木工用ボンドで接着します。

完成


四隅に全て足を接着したら完成です。
お好みで塗装を施してもいいですね。
すのこの下駄を利用し、鏡面に貼り付けることで簡単に棚付きのローテーブルが出来上がります。
もっと広い空間がほしい場合は、下駄の数を調節するといいですね。
すのこ家具の中で最もシンプルで失敗の無いものかもしれません。

作成に必要な材料と材料費

  • ・すのこ 85cm × 37cm 2枚
  • ・のこぎり
  • ・木工用ボンド
  • ・かなづち

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧