Hermanmiller アーロンチェアのレビュー


今回はワークチェアの代名詞、アーロンチェアをレビューします。
この椅子はとにかく丈夫でメーカー12年保証が付いてたりします。
5年以上使ったものですが、このようにアームなども擦れたりしていません。

アームは上下左右に可動


アームは水平三段階に可動することができ、作業によってあわせることが出来ます。
キーボード作業がメインの場合は、思いっきり内側に曲げておくと、腕の方向と平行になって作業しやすいです。

座面下地


数年使っていても擦れることも無く、また緩むようなこともない、とても丈夫な座面です。
通気性もありお尻が蒸れるような、暑くなるような感覚がありません。

座面の前傾モード


座面は通常時と前傾時があり、何か集中してやるときは前掲モードにすると作業がしやすいです。
ただ常にその状態だと疲れやすいと思います。

腰をホールドするポスチャーフィット機能


背面にはこのように腰をサポートするポスチャーフィット機能がついています。
包み込まれると言うよりは、腰をグッと押し込むような感覚です。

ポスチャーフィット調節


ポスチャーフィットの調節ネジですが、基本的にマックスにして使うと良いと思います。
腰がグッと押される感じは安心感がありますよ。

リクライニングの強弱調節


これを左に回すと下半身が安定しやすくなり、右に回すと上半身が安定しやすくなります。
作業によって調節するのもある程度の気分転換になりますね。

座面下のユニット


座面下にこのようなユニットがあるのですが、座面がメッシュ&平らに受けているためホコリが溜まりやすいです。
他にもデコボコが多いチェアなのでホコリがよく溜まります。

ポスチャーフィット下


ここもホコリが溜まりやすく目立ちやすい場所なので、こまめな掃除が必要ですね。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

Sorry. No data so far.

この記事のタグ

タグ一覧