アートワークの目ぼしい飾り場所


絵の飾り場所として、家具の上を意識しておくと便利です。
絵は奥行きを出してくれるので、手前に家具等があると収まりがよくなります。

トイレに絵を飾る


絵は窓のように開放感を与えてくれる効果があります。
マンションなどトイレでは窓が無いことが多いので、少し大きめの額縁を飾って窓を作ってみましょう。

ソファの上に絵を飾る


もし壁際にソファをレイアウトしているのなら、その上のスペースに絵を飾ってみると良いと思います。

テレビの横に絵を飾る


テレビの横は使いづらいスペースが出来たりすることも多いですが、このように絵を立てかけるのも良いですね。
小さすぎると逆にイメージ悪くなりやすいので、テレビの高さを超えない程度の大きさがあると落ち着きます。

机の前に絵を飾る


机の上に絵を飾ると、壁の圧迫感が少なくなるので、作業の効率もアップすると思います。
机のテイストと揃えた額縁で飾ると良いですね。

ベッドの上に絵を飾る


ベッドの上に絵を飾ると壁の圧迫感が消えて、柔らかい雰囲気のベッドルームになります。
季節ごとに絵を変えると新鮮な雰囲気を保てますね。

窓の横に絵を飾る


窓の横に似たようなサイズの絵を飾り、窓を増やすような感覚です。
フレームと窓枠の素材を合わせると、一体感が出てきます。

まとめ

昔「窓は風景を切り取る装置(?)です」といったようなCMがありましたが、絵には窓のように空間を広げる効果があります。
ですので飾る場所に困ったら、「ここに窓があったらキレイだな~」と思う場所に飾るとよいでしょう。
最初は風景画なんかがしっくりくると思いますよ。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧