ガジュマルのグリンーンインテリアとしてのイメージ

ユニークな根が楽しい人気の観葉植物。多幸の樹とも呼ばれ木の妖精が宿るとも言われています。

ガジュマルというのは沖縄での呼び方みたいですね。初心者にも育てやすい観葉植物の一つです。

ガジュマルの観葉植物インテリア実例

ガジュマルの魅力はなんといっても、そのユニークでかわいい姿にあると思います。
テーブルサイズのものはインテリア雑貨的に目を楽しませてくれますし、中ぐらいのサイズのものは部屋のスタイルを問わず合わせやすいと思います。
テーブルサイズのガジュマルを大きめの鉢にモコッと乗せても面白いですね。

インテリア雑貨のようなイメージ


こちらはat_polarbearさんの写真です。
ガジュマルの特徴であるユニークな気根がよくわかる一枚です。
鉢の上に何か生き物が乗っているような姿がとてもかわいく見えて木の妖精が宿る、ということにも妙に納得してしまいます。
このサイズなら置く場所を選ばずインテリアとして楽しみやすいですしグリーンとしても重宝しそうです。

比較的まっすぐ伸びるガジュマルをソファーの横にレイアウト


こちらはyoppyさんの写真です。
1m程度のガジュマルをソファーの横にレイアウトされていますね。
ガジュマルの木は枝葉が広がらず、直方体的なシルエットをキープするので決まったスペースにはレイアウトしやすいのではないかと思います。
ドアがある場所など葉がでかい観葉植物を置くと傷つける恐れもありますしこういった鉢の幅に収まるものは使いやすいです。

観葉植物 科名 クワ科
育てやすさ 初心者向け(とても丈夫)
育て方 耐寒 10℃程度まで耐える
育て方 光 日光 窓際などの明るい光
育て方 水やり 頻度 土が乾いたら水をやる
サイズ 数十センチのテーブルサイズ~1m強
流通量 多い
花言葉 ”健康”
相場価格 1,000円~10,000円程度

ガジュマル の育て方

ガジュマルは特に目立った病気も無く丈夫な部類の観葉植物なので初心者の方にも育てやすいと思います。
耐陰性もあるので置き場所も楽しみやすいので、インテリア性も高いです。
水も一般的な観葉植物と同じで表土が乾いたら水をたっぷり上げる程度なので管理もしやすいと思います。

ガジュマル の増やし方

挿し木で増やすことができますが、その場合あの特徴的な膨らみがでないので種子から育てるほうが観葉植物として見栄えがします。

ガジュマル の病気

特に目立った病気にかかることはないですが、風通しが悪いとハダニが発生する場合があります。

ガジュマル の種類

ニンジンガジュマル、センカクガジュマル、オウゴンガジュマル、シダレガジュマルなど

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧