モンステラのグリンーンインテリアとしてのイメージ

その切込みが入ったような葉の形がユニークで人気な観葉植物。かなり丈夫で日陰でも育つので初心者向きとも言えます。ただし直射日光に当てると葉が焼けるので注意が必要。

ラテン語では「怪物」という意味です。種類は40種類程度あるようですが、全てが流通しているわけではありません。

モンステラの観葉植物インテリア実例

モンステラの魅力はなんといっても、葉も含めた全体的なシルエットにあると思います。
若い内は葉の切り込みも少ないですが、成長するにつれ強調されたり育成要素が強いところも魅力的です。
成長すると葉もかなり大きくなるので、置き場所としてはリビングが最適です。
他には無いシルエットを持つ観葉植物なので、シンプルな場所にレイアウトして葉姿を生かしてあげるのが良いかも知れません。

モンステラの葉のみ飾る


こちらはMatahinaさんの写真です。
一輪挿しのように花瓶にモンステラの葉をレイアウトされています。
たぶん剪定された時に落とした葉なのだろうと思いますがスマートな花瓶と横に広いモンステラの葉とのバランスが面白いですね。
テーブルサイズならヒメモンステラという種類が葉も小さく手ごろだと思いますがこちらの実例のようにテーブルに飾るのも良い参考になります。

リビングルームのモンステラ


こちらは梅子さんからお借りしたリビングルームに置かれたモンステラの写真です。
シルエットが美しく、インテリアとしてとても参考になる実例です。
剪定されたり角度を強制したりと愛情たっぷりに育てられており観葉植物のある生活を楽しまれている雰囲気が伝わってきます。
右下の葉が三枚のモンステラが特にスタイリッシュに決まっていてかわいいです。

ライトアップされたモンステラ


こちらは☆UCO☆さんからお借りしたライトアップされたモンステラの写真です。
街路樹などをライトアップするのはよく見かけますが室内の観葉植物をライトアップしている実例は珍しいと思います。
特にモンステラのようにシルエットがシンプルかつ特徴的なものをライトアップするとオブジェのように印象的になって面白いですね。
部屋を問わず、色んな場所で参考にできる素敵なアイデアだと思います。

観葉植物 科名 サトイモ科
育てやすさ 初心者向け(とても丈夫)
育て方 耐寒 5℃程度まで耐える
育て方 光 日光 明るい日陰、直射日光は×
育て方 水やり 頻度 表土が乾いたらたっぷりとやる
サイズ 1メートル~2メートル
流通量 多い
花言葉 ”うれしい便り・深い関係”
相場価格 500円~10,000円程度

モンステラの育て方

モンステラは直射日光などの強い光を嫌うので、窓際よりは壁際で育てた方が無難です。
カーテンもしくは厚手のレース越しの光でも大丈夫でしょう。
植物自体は目立った病気もなくとても丈夫なので初心者の方でも十分に楽しめると思います。
水も通常の鉢物と同じように土の湿り具合が無くなったら水をあげるような感じです。

モンステラの増やし方

挿し木。約一ヶ月程度で根が出ます。

モンステラの病気

特に目立った病気はないですが、乾燥した室内ではハダニが発生する恐れあり。
観想させないように霧吹きで水を散布してあげると予防効果があります。

モンステラの種類

ヒメモンステラ、モンステラ・ミニマ、モンステラ・デリシオサ

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧