オリーブのグリンーンインテリアとしてのイメージ

シルバーグリーンの小さな葉が魅力的な観葉植物。こじんまりとした楕円形の葉っぱが上向きに合わさるようになっている姿もかわいらしいです。

角度を変えれば開いたように見えたり、貝がちょっと開いているような感じになったりと、見た目にも飽きのこないものがあります。

インテリアとして考える場合、葉も小さく枝もスタイリッシュなオリーブは背景がごちゃごちゃした場所に置くのはもったいないと思います。

空間に余裕のある場所に置いたり、壁やファブリックにオリーブの姿を飾るような感覚で考えると良いかもしれません。

 

オリーブ の育て方

オリーブの特徴の一つとして、上向きなで二枚セットのような葉があります。
となると全体的な姿も上向きな感じがスタイリッシュだと思います。
具体的にはトップを丸くするより、末広がりの様に開いていくような姿勢が面白そうですね。

枝も細いく根元もすっきりとしているので、床に直接置くよりは、少し高い場所を設けたりしてレイアウトすると具合が良さそうです。
(そっちの方が葉のアッパーな感じも楽しみやすいのではないかと)

大きいものを玄関の外に置いてシンボル的に扱うのも良いと思いますし中ぐらいのものを玄関内の棚上に置いてもイメージがすっきりしそうです。

オリーブは成長が早いので鉢は少し大きめのものを選び、乾燥を好むので水は乾いてからやる程度で大丈夫なようです。
耐寒性もあるので大きく成長したらベランダにも置くことができますがその際は強風対策をしましょう。

オリーブ の増やし方

10センチ程度の枝を挿し木する。

オリーブの病気

うどんこ病 … 白っぽい粉のような汚れができる。
炭そ病 … 葉に灰色や褐色や黒っぽい斑点ができる。
オリーブ梢枯病(しょうこびょう) … 枝先から枯れはじめ全体に影響する

基本的な対処方法は病状の箇所を剪定して広がらないようにする。

観葉植物 科名 モクセイ科
育てやすさ 初心者向け(丈夫)
育て方 耐寒 0℃以下に耐える(屋外越冬可)
育て方 光 日光 明るい光
育て方 水やり 頻度 土が乾いたらたっぷり水をやる
サイズ 中型:だいたい1メートル強
流通量 多い
花言葉 ”平和・知恵”
相場価格 1,000円~5,000円程度

オリーブ の種類

ミッション,マンザニロ,ルッカ,ネバディロ・ブランコ

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧