パキラのグリンーンインテリアとしてのイメージ

とても有名な観葉植物で、インテリア性も高く人気です。茎部分は編みこみされているものが多く、直線的に上に成長していきます。

強い光を好みますが半日陰でも育てることができるので初心者にピッタリな観葉植物です。

パキラの観葉植物インテリア実例

パキラは全体的にすっきりしているのにしっかりとグリーンを楽しむことができる所が魅力的です。
茎部分の編みこみも他の観葉植物には見られないスタイルですし、葉の整形もしやすいのでインテリア性も高く、大抵の部屋のスタイルに溶け込むと思います。

アイアン系の鉢に派キラを飾る


こちらはhessiebellさんの写真です。
だいたい1メートルぐらいに成長されたものをアイアン系の鉢に入れて飾られています。
鉢の存在感が大きいのでリビング等にレイアウトする場合はスタイルを選ぶと思います。
もう少し光沢が無いようなタイプの方が落ち着いてよいかもしれませんね。
クリアタイプのコーティング塗料等があれば、鉢をサンドペーパーで研磨して光沢感を抑えると良いかもしれません。

テーブルサイズのパキラ


こちらはyoppyさんの写真です。
テーブルサイズのパキラはとてもかわいいですね。
小さいタイプのパキラは編みこみタイプのものは少ないですがこれはこれでシンプルに葉姿を楽しめて良いと思います。
このサイズならエンドテーブルに置いたり、コンソールテーブルにレイアウトしても目を楽しませてくれると思います。

観葉植物 科名 キワタ科
育てやすさ 初心者向け(丈夫・成長が早い)
育て方 耐寒 5℃程度まで耐える
育て方 光 日光 直射日光などの強い光
育て方 水やり 頻度 土が乾いたら水をやる
サイズ 1メートル~2メートル程度
流通量 とても多い
花言葉 ”快活”
相場価格 2,000円~15,000円程度

パキラの育て方

パキラは強い光を好む観葉植物ですが、明るい日陰、半日陰でも元気に成長してくれるので、初心者にとって育てやすい観葉植物の一つです。
水も一般的な鉢物と同じで、表土が乾いたら水をやる程度でよく目立った病気や害虫も付きにくいので管理も楽です。
一つ一つの葉が大きく育ち存在感があるので、剪定もイメージしやすいですが失敗すると傷跡が深いので注意が必要です。

パキラの増やし方

挿木、水挿しで増やすことができる。
水挿しの法が簡単で剪定などで落とした切り枝を水につけておき、根が出てから土に植え替えると良いでしょう。

パキラの病気

特に目立った病気はありません。
葉が枯れたりする場合は、根詰まりをおこしているか日照不足などの原因が考えられます。

パキラの種類

フイリパキラ、アクアティカ、ミルキーウェイ

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧