シュガーバインのグリンーンインテリアとしてのイメージ

5枚の葉が花のように広がる人気の観葉植物です。かわいいのに丈夫で育てやすく、つる性なので形も整えやすく、インテリア性が高いところも魅力的。

基本的には写真のように下に垂れ下がりながら成長していくので、少し高い場所や、垂れ下がらせることを狙った場所にレイアウトすると面白いと思います。

 

シュガーバインの観葉植物インテリア実例

シュガーバインの魅力は葉のこじんまりとしたかわいさや、空間を繋げるような垂れ下がるツルにあると思います。
窓から入る風でゆるやかに揺れる様に心癒されそうですね。
インテリアとして考えるなら広げてツルを伸ばすよりは、数本をまとめて細く伸ばした方が引き締まった印象になるでしょう。
キッチンやお風呂などの水周りに清潔感を出すのにも良いと思いますし、カウンターに垂れ流すのもイメージが良さそうです。

壁付け棚から垂らすようにレイアウトする


こちらはたーちゃんさんに提供頂いた写真です。
ひょこっと1本出てる長いツルが、かわいらしくて和まされます。
棚は元々R加工されていて出っ張ってませんがもし鋭角に近いならシュガーバインのツルを垂らすとイメージが和らいで良いのではないでしょうか。
個人的にいいなって感じたのが、棚と鉢の色合いが近似色な点で棚との連続性が出ていてシュガーバインの緑をシンプルに演出されていると思います。
場所や部屋全体のスタイルにもよりますが、メリハリが効いた鉢よりはグリーンの魅力が演出されると思います。

キッチンカウンターから室内に向けてレイアウトする


こちらはあやまなママさんに提供頂いた写真です。
キッチンカウンターにレイアウトされていてまして、使用している鉢は100円ショップのカフェオレボウルだそうです。
観葉植物用の鉢も良いですが、こういったアイデアが色んなことを楽しむポイントですよね。
この近くにダイニングテーブルなどあれば、視界の隅に入ってきて無意識にリラックスできると思いますしツルも左右から真ん中に伸びて形ができてて面白いです。
色合いもホワイトに木目に緑と、キッチンにはピッタリの雰囲気ですね。

ホワイトとグリーンが素敵なナチュラルスタイル


こちらはちゃきmamaさんに提供頂いた写真です。
シェルフの棚板にレイアウトされています。
素材感といいカラーバランスといい、インテリア雑誌に掲載されてもおかしくないような抜群のナチュラルスタイルですね。
やはりグリーンはホワイトと合わせるとナチュラルなイメージが強くなりますし、鉢の素材感とカラーも両者を引き立てるようで素敵だと思います。
シュガーバイン自体もスリムに成長しててスタイリッシュで、ツルのイメージがとても生かされた参考になる実例ですね。

面に飾る素敵なアイデア


山口県でブーケを作られているフェイバリットさんに提供頂いた写真です。
棚の側面にレイアウトされており、ホワイトの背景にシュガーバインの緑がとてもきれいに映えています。
棚の横ってこんな使い方もできるんだと勉強になりました。
シュガーバイン自体も広がりすぎずまとまりがあり、ナチュラル感がスタイリッシュに決まっています。
壁と棚の間にできる境目にこういった観葉植物をレイアウトすることで、きっと空間に柔らかさを持たせることができるのだと思います。
インテリアとしての使い方がとても上手な参考になる実例ですね。

観葉植物 科名” /> ブドウ科
育てやすさ” /> 初心者向け(丈夫)
育て方 耐寒” /> 5℃程度まで耐える
育て方 光 日光” /> レース越し等のやや明るい光
育て方 水やり 頻度” /> 表土が乾いたらたっぷり水をやる
サイズ” /> 小型の鉢で育てることが多い
流通量” /> 普通
花言葉” /> ”すこやか”
相場価格” /> 300円~3,000円程度

シュガーバイン の育て方

水は表面の土が乾いたら底まで浸すようにたっぷりあげると良いようです。

シュガーバインの増やし方

春や秋の成長期ごろに水差しをすることで増やすことができます。
水の中で根がしっかりと出てから鉢などに植え替えるとうまくいきます。
植え替える際は観葉植物用の土をホームセンターなどで用意しておくと無難です。

シュガーバインの病気

寒さには強いシュガーバインですが、夏の強い日差しや30度以上の気温には弱く枯れる原因にもなります。
なので夏は室内でも日差しの柔らかい場所へ移動したり、少し涼しげな環境を整えてあげてください。
枯れた葉やツルは小まめに取り除き、カビなどを予防します。

シュガーバインの水栽培

ガラス容器に入れて行うことが多いと思いますが、日光が容器にあたると根が出にくい(根は暗い場所にあるもの)ので、明るい場所は避け半日陰などで栽培する。

シュガーバインの成長期

春と秋です。この時期に水差しや植え替えを行うと良いでしょう。

シュガーバイン の種類

パーセノシッサス・シュガーバイン

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧