和室をモダンアジアンな大正ロマン風リビングにコーディネート

今回は和室にモダンでアジアンチックなソファーをコーディネートしてみました。

和室の畳と壁のカラーリングは、どちらかというと”かわいい”感じがするのでそういった雰囲気を壊さない程度に色々メリハリをつけています。

それでは何点かポイントをご紹介しますので、ご参考にして下さい。

レイアウト配置図

こちらは上から見たレイアウト図。

ウォーターヒヤシンスのソファーを向かい合うようにレイアウト


今回のモダンアジアンなコーディネートのポイントは、このウォーターヒヤシンスのソファーをレイアウトしたこと。
やはりこういった雰囲気はおしゃれなイメージを演出してくれます。
畳に直に置くのは気が引けるので、アジアン色で障子や柱のカラーリングと合うマットを敷きます。

床の間にサードボードを配置 & コートハンガーもプラス


次は床の間部分。
はしっこに小ぶりなサイドボードをコーディネートし、来客時に対応できるようにコートハンガーもレイアウト。
和室を応接間として使用するためのちょっとした工夫です。

床の間をモノクロツートンでモダンな雰囲気に


最後にもう一つの床の間部分。
奥の壁だけ変えてみました。
まずブラックな和風壁紙を貼って、上部だけホワイト壁紙を貼ります。
そしてあえて掛け軸などではなく、額縁に飾った書をレイアウト。
こういったメリハリをつけるとモダンな雰囲気が出やすいので、検討材料に入れてみてください。

まとめ

比較的、便利部屋として使われがちな和室も、こんなふうに第2のリビングとして活用しても良いと思います。
今回のコーディネートではカーペットがちょっとイメージ強すぎかなと思いますがカーペットは季節によって変えるべきなので、こんな雰囲気もありかなと。
基本はソファーテーブルなので、この部分をモダンアジアンなもので揃えると雰囲気も出やすいです。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧