照明インテリアの種類と形


日本の住宅では最も一般的な照明インテリアです。主に引っ掛けるタイプが多いです。

天井照明2 埋め込み照明


天井に専用のスペースを作り天上に埋め込むように使われる照明です。オフィスなどに多いですね。

天井照明3 ペンダントライト


天井ではないかも知れませんが用途は同じです。天井から吊るすタイプのものですね。
デザイン性が高いインテリアもこのタイプに多くあります。
シェード三角形 正方形 円形 球 アート

スポットライト


少し強い光線でスポットを照らすための照明です。レールタイプやクリップタイプなどがあります。

ブランケット


壁に引っ掛けるように使用する照明です。部屋よりは廊下などの通路によく使われます。

スタンドライト


床に置きちょうど人の目線辺りに光を灯す照明です。ソファ横などに置いて限定されたスペースを演出するのに最適です。
アームつきのものはでっかいデスクスライトのようなイメージですね。
シェード三角形 長方形 円形 球 ポール型 アーム付き

テーブルランプ


文字通りテーブルに置いて使う照明です。デザインも豊富で目移りしてしまいます。
人が座った時の目線の高さぐらいを照らすためのものです。

シルエットは
シェード三角形 長方形 円形 球 ポール型 アーム付き

フロアランプ


基本的には足が無かったり短いもので、床やテーブルに直接置いて使用します。

デスクライト


デスクに置いて使用する作業用の照明です。大抵はアームが付いており光源を移動することが可能です。
据え置くタイプとデスクに取り付けるタイプが主流です。

キャンドルライト


キャンドルホルダーにキャンドルを入れて使用する照明です。火の揺らめきが楽しめムードが高まります。

まとめ

照明は用途によって様々な種類があり形やデザインも豊富です。
このコンテンツではその様々な種類を分かりやすくサンプルを交えて、天井から床の順に紹介しています。
素敵な照明インテリアを選ぶための目安になれば幸いです。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧