メイク上手に最適なドレッサーの照明

メイクを上手に行うために、照明という環境をきちんと整えることが大切です。
薄暗い室内でばっちり決めても、外に出ると変に浮いたメイクになってしまったりするので、ドレッサー周りの灯りは重要です。

それではドレッサー周りの照明について色々考察してみましょう。

ドレッサーと顔と照明の高さを調節する


まずドレッサーの照明はどの高さが良いか把握しておきましょう。
ドレッサーに座り顔より上や下にある照明だと、鼻筋などに影ができやすくなります。
よって照明の高さは目線の高さ辺りがちょうど良いでしょう。

左右から均等に照らす


次に左右のバランスも考えてみましょう。
先ほどのイメージは右側からだけ照らしていましたが、たとえ高さがあっていても、これでは顔の左側に影ができやすくなります。
ですので、ドレッサーの照明は左右対称にレイアウトし均等に照らし出すと良いでしょう。

メイクに最適なハリウッドランプスタイル


ハリウッドランプというスタイルは映画の現場などでメイクアップの為に用いられているスタイルです。
左右対称から照らし、上中下の角度から均等に顔を照らしだすことで、顔の影を飛ばし、メイクのクオリティをあげるものです。
この使用のドレッサーはなかなか売ってないのですが、ポール型のハリウッドランプはあったりするのでこのイメージのように左右に設置すると、メイク環境としてはかなり充実すると思います。(もしくは作るか)

スタンドミラーもハリウッドランプにしてみる


スタンドミラーにもハリウッドランプをつけて、トータールコーディネートの確認に役立つようにしてみました。
スタンドミラーの長さに対応できる商品はたぶん売っていないと思うので実際に使いたい場合は自作をすることになると思います。

まとめ

人は鏡の中の自分を見つめると比較的冷静になりやすいと言われています。
女性の場合メイクは自信をつけたり、意識の切り替えにとても重要なものだと思います。
メイクがしっかりできていれば、対人関係にも自信を持てるという方も多いのではないでしょうか。
ドレッサーの照明をしっかりコーディネートできれば、メイクの技術は確実に上がると思うのでぜひライフスタイルを充実させる上でも検討してみてください。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧