テレビのバックをライトアップして目の疲れを軽減

暗い部屋でテレビを見るのが好きな人もいると思いますが、そのままだと目に非常に悪いです。

今回の間接照明アイデアはオシャレなのはもちろんのこと目の疲れも軽減できるのでゼヒ試してみて下さい。

それでは色んなカラーを試してみましょう。

テレビをライトアップ~ちょっと遠景


ライトアップしたテレビをちょっとひいて見たイメージです。
テレビの輪郭がぼあっと浮かび上がるような印象ですね。これに何個か間接照明を加えれば全体照明はいらないと思います。

テレビをレッドにライトアップ


真っ赤な光でテレビをライトアップしてみました。
かなり強烈なイメージですがたまにはこんなのもいいのかもしれません。

イエローの光でライトアップ


白熱灯のカラーより、よりイエローの印象が強い光でライトアップしてみました。
比較的目に優しくて安心感もあるんじゃないかと思います。

ブルーの光でクールなイメージ


次はブルーの光でライトアップしてみました。
やっぱり一番クールで涼しそうな印象ですが冬は寒すぎるかも。夏に試して見たいイメージですね。

グリーンでサイバーなイメージを


グリーンの光は温度感が少ないのでサイバーなイメージが強いです。
まさしく非日常的な光なので、照明で気分転換したいなら試してみる価値はあると思います。

ちょっと怪しいピンクの光


ピンクの光でテレビをライトアップしてみました。
うーん、一人でこの部屋に居るとほんとに怪しくなりそうですね。。。でも、時と場合と演出としては優れものかも。

テレビを消してライトアップ


最後はテレビを消した状態でライトアップしてみたイメージです。
光が漏れてくるような感じを受けるので嫌悪感も少ないと思います。

まとめ

テレビのように広い面積を持つインテリアの後ろは、絶好の間接照明ポイントだと思います。
今回のアイデアは普通のデスクライトをテレビの裏に置いて、壁に向かって照らしてあげてもできます。
理想は小さめの10wぐらいのテーブルランプを仕込んで電球のカラーを何個か揃えて気分で変えてあげるといった感じです。
あとポイントとしては、テレビ台の裏やホコリなどがライトアップされて汚い印象を見えることこれに気をつければ光の綺麗なイメージが強くなると思います。
なんか夜がつまらないと思ったら、ぜひこういった照明で遊んで見て下さい。
たまにやるととてもリフレッシュできます。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧