間接照明でソファをライトアップ

部屋の中でも大きな家具であるソファをライトアップしない手はありません。

主に後ろか下かそれか上からライトアップする方法があると思います。

それではまず色んなカラーを見てみましょう。
(この画像は白熱灯色です。)

まずはショットバーのようなグリーンでライトアップ


非日常的なイメージを作り上げるグリーンの光でバーのような雰囲気が出来上がりました。
こういった灯りの中でグラスを傾ければ自分の部屋でオシャレにリフレッシュできると思います。

クールブルーで温度感を演出


強すぎるブルーはテクノなイメージにもなりますが、このような淡いクールブルーだととても落ち着いたイメージになります。
淡く光る青の質感を部屋の中に灯せば、心の平穏を取り戻せるかもしれません。

セクシーなピンクライトでソファを照らす


セクシーだけど大人っぽい印象もあるピンクの光でライトアップしてみました。
やっぱり”あるムード”が高まると思います。

ソファの下をライトアップ


次は後ろではなくソファの下に間接照明を仕込んでソファが浮くようなイメージを作ってみました。
足元が照らされることになるので、よりひ日常的なイメージが強くなると思います。

スポットライトでソファを上からライトアップ


続いてはソファの上にスポットライトを設置して、ソファをディスプレイのようにライトアップしてみました。
いつものソファが明らかにクオリティアップして見えます。

オーソドックスにテーブルランプをレイアウト


オーソドックスなライトアップ方法ですが、ソファ横にサイドテーブルを置きその上にテーブルランプをレイアウト。
ぼんやりと光る光の模様が美しいです。

ソファの両サイドをテーブルランプでライトアップ


最後にソファの両サイドを同じテーブルランプで照らしてみました。
やっぱりサイドを同じように固めるとゴージャス感が劇的にアップします。
ラグジュアリーな雰囲気も楽しめますね。

まとめ

色々方法を試してみましたが、ソファをライトアップする方法はほとんど網羅できたのではないかと思います。
個人的な好みとしては、やはりソファの後ろをライトアップして光を壁に映し出す方法です。
壁に反射して部屋も少し明るくなりますし、間接照明だけで夜を過ごす場合には役に立つ光源になると思います。
個人の部屋の照明ではぼんやりとした雰囲気を大切にしたいと思います。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧