ローテーブルやダイニングテーブルをライトアップ

ぼんやりと光る間接照明がまるで焚き火のように興味をそそります。ローテーブルの天板の裏に間接照明を取り付けてその下を照らしてみました。

テーブル下はとても明るく、

座ったときに顔がぼんやり見える程度に光が漏れると思います。

スクエアなテーブルをライトアップ


次は正方形のローテーブルをライトアップしてみました。
ラグの模様が美しく照らし出されていますし、メタルな足も少しキラキラしてきれいですね。

ガラスのローテーブルをライトアップ


ちょっと下品なイメージになるかなと思っていたんですが、意外と上品で素敵な印象になりました。
ガラステーブルといっても透過度が低いものなので光源もあまり気になりませんしテーブル自体が光っているように見えて、デザイン家具のあらたな表情を発見できそうですね。

ダイニングテーブルの下をライトアップ


ダイニングテーブルの天板の下に間接照明をつけてライトアップしてみました。
思ってたよりもかなりムードが良いイメージです。
これにキャンドルでも加えればロマンチックですね。

本格的な長方形ダイニングテーブルに間接照明とテーブルランプをセット


本格的な長方形のダイニングテーブルの天板の下に間接照明を設置し、天板の上にはテーブルランプをレイアウト。
ペンダントランプで照らすのが一般的ですが、これも少しクラシックな雰囲気を楽しめていいですね。

まとめ

テーブルは人が集まりやすい家具なのでライトアップすると、部屋全体の印象も変わりやすいと思います。
10wぐらいのもので試してみてから色々明るさや色も試すといいかもしれません。
冬は電球色で夏は蛍光灯色のものにすれば季節的な変化も楽しみやすいですね。
コンセントも引き込みやすいですし、ぜひ検討してみて下さい。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧