ベッドをライトアップしてみよう

全体照明を消していきなり真っ暗な状態から寝るより、徐々に照明を落としていったほうが安眠しやすいようです。

今回はベッド周りを色々ライトアップしてその雰囲気を確かめてみました。

この画像はベッド下をライトアップしたものです。

ヘッドボード裏を間接照明でライトアップ


ベッドのヘッドボードの裏に間接照明を仕込んでライトアップしてみました。
ベッド自体はあまり照らされず輪郭が強調されるのが分かります。
ヘッドボード周りがかっこいいベッドだと似合いそうです。

ベッドの横をライトアップ


ベッドの壁際の横に間接照明を仕込んで照らしてみました。
向かう先がぼんやりと光っているので、なんか安心感のような引き込まれる安堵感があるように思えます。

スポットライトでライトアップ


ベッド上の天井にヘッドボード周りを照らすようにスポットライトを設置してライトアップしてみました。
ルクスを調節できれば本も充分に読めると思います。
意外と実用的な照明の使い方かもしれませんね。

オーソドックスにテーブルランプを設置


オーソドックスにテーブルランプを設置してみました。
照度は本を読むには足りませんがぼんやりするのに良さそうな明るさです。

テーブルランプとベッド横に照明をレイアウト


テーブルランプとベッド横の照明を組み合わせてみました。
先ほどより明るくなって良いイメージになってるかなと思います。

ベッド上から見た照明の雰囲気


最後はやはりベッド上から照明の雰囲気を確認してみましょう。
左右が明るいとどこか安心感がありますね。ぼんやりするのにいい感じの雰囲気です。

まとめ

最近ではタイマー付きのテーブルランプもあったりするのでベッド自体に照明を仕込むのが難しい場合でも、それを利用してゆっくり眠る習慣を試してみてはいかがでしょうか?
やはり睡眠が充実すると全てのことに活気が出てくると思います。
今回試した中で個人的にお気に入りなのがベッド横の間接照明です。
試す前はヘッドボードが一番似合うかなと思っていましたが、コントラストが強すぎるのでベッドには似合わないようです。
ベッド周りの照明は柔らかい雰囲気が大切ですね。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧