デスクや机を照明でライトアップしてみよう

デスクにはデスクスタンドを大抵レイアウトしていますが、それ以外の照明インテリアでも色々試してみました。

この画像はスタンドライトのみですが、

次はディスプレイの裏をライトアップしてみましょう。

PCモニターの裏をライトアップ


デスクスタンドはいったんOFFにしてモニター裏に間接照明をレイアウトしてデスクを照らしてみました。
何か書くのは不便そうですが、パソコン作業をするだけなら充分な印象を受けます。
次はデスクの下も光らせてみましょう。

デスクの下をライトアップする


デスクの天板の下に間接照明を仕込んでモニター裏と一緒に光らせてみました。
実際にはコードなどがあってこれよりはゴチャゴチャした印象になると思いますが、デスク全体がオブジェのように照らされます。

フロアランプでライトアップ


デスクの横に背の高いフロアランプを置いてみました。
明るいスペースが広がってデスク周りが広く感じられます。

スポットライトでデスクを照らす


次はデスクを上からスポットライトで照らしてみました。
デスクの天板も明るくなり大きなデスクスタンドで照らしているような印象です。
次はこのイメージをちょっと引いた位置から見てみましょう。

スポットライトで空間作り


スポットライトのサークルがちょうどデスク全体を覆っているので、デスクスペースが強調されています。
何かできそうな気がしてきます。

グリーンの照明でライトアップ


最後はサイバーなイメージのグリーン名光でライトアップしてみました。
ちょっとイメージが強すぎるので、グリーンなど有色の光を使う場合はポイント的に使用したほうが良いかもしれません。

まとめ

デスクの照明を考えるとき、やはり実用的なのはデスクスタンドライトですが部屋のインテリアとしてライトアップしたいならスポットライトなども活用してみるのも面白そうです。
ただ目を悪くしてはもったいないので、ONとOFFの照明インテリアを切り替えて使うプランが最適かもしれません。
デスク周りはコンセントも確保しやすいと思うので色んなアイデアを試してみてください。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧