17畳リビングに子供スペースを設置するアイデア


今回は17畳リビングに子供スペースを作って安全に楽しく遊んでもらえるようにアイデアを考えてみましょう!
ただ17畳といってもキッチンダイニング込みなのでそれほど広い印象はありません。
和室続きの一般的なマンションリビングを参考に、こどもの遊びに合わせて色々考えてみました。

 

賃貸物件情報と間取り図


面積17畳 29㎡程度
住所埼玉県さいたま市大宮区桜木町
建物マンション4LDK
家賃14万円程度

お絵かきなど書くことが好きならダイニングテーブルを活用


ダイニングテーブルの脇におもちゃ用のシェルフを設置して、ダイニングでお絵かきをしてもらったり。
キッチンからも見えやすいので安心ですし、家事をしながらコミュニケーションもとりやすいと思います。
ダイニングで何か書く癖がついたら、そのまま学校の宿題とかもやるようになるかもしれませんね。

大本命!和室を子供スペースとして活用する


和室は汎用性の高いスペア的な部屋としても使えるので、ここにおもちゃBOXを置いてあげて遊び場にするのもいいですね。
お母さんが洗濯物とか隣でたたんでいるときに、自然とお手伝いを促したり(遊び感覚で)もできると思います。
今回の和室はキッチンからも見通せるので、離れていても安心だと思います。
お客さんが来た時は押入れにおもちゃをしまうのも便利ですね。

書くことが好きなら座卓を用意してあげるのもよいでしょう


寝転がって字や絵を描くと集中力などが散漫になりやすいと思います。
きちんと専用の座卓を用意してあげれば、子供の満足度も高まりますね。
ままごとキッチンなんかも置いてあげるのも良さそうです。

リビング隅におもちゃボックス


こういう邪魔にならないところにリビングの雰囲気と合うおもちゃBOXを置いてあげるのも良いと思います。
おしゃれなテキスタイルを買ってきて布を張り替えるのもよいかもしれません。

ローテーブルの下におもちゃボックス


今回のローテーブルは真ん中にパイプがあって邪魔ですが、こういったキャスター付きのボックスをローテーブルの下に置き、こどものための収納箱として活用するのも良いと思います。
子供に必要なくなったら、新聞や雑誌を収納したりその後も活用できそうです。

まとめ

リビングに子供スペースを作ってあげるポイントは、やはり子供専用の収納アイテムを配置することです。
子供にとって自分専用というのは特別にきらめくものですし、リビングというパブリックなスペースに、自分専用の場所が出来ることはうれしいことだと思います。
ただやはり、大人の意見としてはリビングの雰囲気を壊したくないので、リビングやダイニングの雰囲気を壊さない、ある程度質の高い収納アイテムを選ぶべきでしょう。
子供がそれに飽きたら、質さえ高ければ、色んなところでの使いまわしも可能だと思うので、結局は物を大切に出来たり、コストを押さえることに繋がると思います。
おもちゃは子供の為に作られているものですが、収納は部屋の一部となりますので、そのあたりを注意すると良いと思います。
それに、ちょっと大人っぽいアイテムの方が、子供的にも喜ぶと思います。

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧