狭い6畳リビングを白黒モダンにコーディネート&レイアウト例

狭い6畳リビングをナチュラル~と同じリビングを、レイアウトを変更し、白黒家具でモダンにコーディネートしてみました。6畳リビングではがんばってソファを2つレイアウトしています。

間取り図

賃貸物件情報
面積6畳 10㎡程度
建物一戸建てor2Kなど
予算10~15万円程度

狭い6畳リビング レイアウトについて


まずレイアウトについて。
今回はテレビの方向にソファを向けず、1Pと2Pソファを対面式にレイアウトしています。
上と左の窓に対しての動線も確保しつつのレイアウトなので、ちょっと壁際によっていますが、変な違和感はないと思います。
次はソファの辺りを紹介します。

狭い6畳リビング ソファ2つとローテーブル


2Pを窓際に、1Pを部屋の中心方向に配置し、間にホワイト天板のローテーブルをコーディネートしました。
基本的に白黒でコーディネートしていますが、横に広い面積を持つ家具の天板をホワイトにすることによって、感覚的に圧迫感をなくして、立って見るときに広く見えるように工夫をしています。

狭い6畳リビング ソファから見たテレビの配置


次はソファ方向から見たテレビの配置についてです。
テレビはやはり映りこみや反射を考慮して、窓の直線上にはレイアウトしていません。
ソファがテレビの方向を向いていないので、見づらいかもしれませんが、このレイアウトではテレビはおまけとして重視していないのでOKとしています。
テレビを見っぱなしはつまりませんからね。

狭い6畳リビング フロアライトと白いブラインド


ソファの裏に覗き込むようなフロアライトをレイアウトしました。
コーディネートのポイントとしては、ソファやローテーブルのパイプと同じテイストのものを選び、違和感を少なくしています。
ブラインドは壁と差の無いホワイトのものを吊るしています。
こうしておけば、夜は壁が広がったような感じになり、色付のものよりは広く見せることができます。

狭い6畳リビング キャビネットと掛け時計


次はキャビネットの部分です。
こういった収納家具は、このリビングだとココ以外ちょっときつい感じがします。
天板はホワイトでローテーブルやAVボードと共通性を持たせつつ、面を広く見せるような工夫をしています。
掛け時計も白黒モダンなものをチョイスしました。
何かインパクトを出したい場合は、掛け時計のような小物で外すと良い感じになると思います。

まとめ

白黒インテリアでまとめるとクールな印象が強くなって、いかにもモダンといった雰囲気になります。
ただインテリアとしてのテイストが強い部類に入るので、ほんとうにマッチさせるためには、部屋自体をカスタマイズしてかなくてはなりません。
具体的にはドアを一般的な木製のものでなく、ガラス製や白などのカラー。
床や壁もどちらかというと石を連想するような素材がいいと思います。
大理石の床なんかとは非常に相性はいいです。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧