家庭円満リビングにキッズスペースをレイアウト

リビングのテレビ横にマットを敷いてキッズスペースをレイアウトしています。こうすればテレビを見る時も子供が邪魔にならないですね。

記事末では、今回のコーデの参考にしたインテリアも紹介していますので、そちらもぜひ参考になさってください。
それではコーディネートの詳細を見ていきましょう。

キッズスペースは収納スペース


カラーボックス&引き出しBOXでオモチャを片付けて、絵本ラックで絵本をしまいます。
あとダンボール製のままごとキッチンも置いてみました。

リビングのレイアウト1


リビング中央とキッズスペースを繋げることでパパママも子供と遊びやすいと思います。

キッズスペースのレイアウトPART2


今度はレイアウトを変えて、窓際の方へキッズスペースをレイアウトしてみました。

リビングのレイアウト2


メインのソファがちょっと使い勝手悪そうですが中央に置くよりは安全だと思います。

キッズスペースのレイアウトPART3


今度は壁際に沿うようにキッズスペースをレイアウトしてみました。

リビングのレイアウト3


このレイアウトが一番スッキリしてると思いますが、子供がリビングテーブルで遊んでしまいそうです。

リビングのレイアウト4


さっきのレイアウトのソファの位置だけ変えてみました。
やっぱりこのレイアウトはリビングが子供の遊び場メインになりやすそうです。

まとめ

リビングにキッズスペースをレイアウトするのは良いことだと思います。
専用のスペースがあることで大人と子供の行動がぶつからない様に調節できますし、子供だって「自分の居場所」があると嬉しいはずです。
赤ちゃんの時はベビーベッドを置いて、成長したら今回の様なスペースを設ければ良いと思います。

このコーデに関連する家具類

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧