カッチリおしゃれな黒×赤で作るフォーマルなリビングインテリア

黒いイタリアモダン家具とグレーソファでコーディネートしたリビングダイニングに、カーテンやラグ等のファブリックで赤を取り入れたコーディネートをご紹介します。黒で揃えてから、赤を取り入れるので、感覚的にも実現しやすいコーディネートです。

間取り図

間取りレイアウト
面積LDK15畳
住所大阪府大阪市鶴見区
建物マンション3LDK
家賃11万円程度

リビング入口

左手にダイニング、右手がメインリビングになります。
ちょうど真ん中が入口正面なのですが、ソファをちょっとダイニングよりにレイアウトしています。
背もたれ低いソファなので、圧迫感はあまり感じないと思います。

全て黒い家具でコーデしたダイニング

キッチンシェルフやオープンシェルフ、テーブルやジグザグチェアなど、黒い家具でまとめました。
シェルフで中央に空間ができたので、そこにはアートワークを飾っています。
もう少しエレガントなアートが似合うかもしれませんね。

ガラスのダイニングテーブルで質感を広げる

ダイニングテーブルはガラストップのものをチョイスし、ブラックなジグザグチェアを合わせました。
赤い花とか飾ったらカッコ良さそうです。

クッションで控えめに、カーテンで大胆に赤を差し色する

最初はクッションで取り入れて、物足りないようなら、カーテンで赤を差し色すると良いでしょう。

金属の質感を黒赤コーディネートにプラス

基本は黒赤ですが、ガラスや金属の質感を加えると、素材感によるイメージが強くなってクオリティが高く感じるようになります。

赤の要素を抑えたリビングイメージ

最後にカーテンとラグを、赤い物から黒に変更してみました。
カーテンを適度に柄物に替えると、大人っぽくなっていいですね。

まとめ

今回はソファがグレーでしたが、よりモノクロの雰囲気にしたいなら、黒いソファに変えると良いでしょう。
デザインもクラシックよりにすると、黒でも女性的な雰囲気になってきます。

このコーデに関連する家具類

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧