12畳正方形マンションリビングのレイアウト参考例


寝室や和室へのつなぎとしても機能する12畳正方形リビングダイニングを使い勝手よくレイアウトしてみました。
家の中心になっていたり、家の動線が全て絡む部屋なので、居心地とすっきり感をどのようにだすのかが悩みどころですが、正方形のリビングにお悩みの方はぜひ参考にして頂ければと思います。
それではポイントに分けてご紹介していきたいと思います。

 

賃貸物件情報と間取り図


建物マンションL字型間取りの3LDK
住所東京都渋谷区恵比寿
面積12畳 20㎡程度

12畳正方形リビング 入り口から見たイメージ


最初はリビングに入ってきた時のショットです。
壁際にテレビをレイアウトしているので直進はできませんが、動線を妨げるようにはなっていないと思います。
左のドアが主寝室へとつながり、右側が和室へと続いていきます。
和室を誰かの部屋として使わない場合は、ドアを取ってしまっても良さそうですね。

12畳正方形リビング ソファ方向のイメージ


次は入り口から入って、ソファ方向を見たイメージです。
今回はちょっとヨーロピアンな雰囲気のソファをレイアウトし、紫と合わせて、少し上品でエレガントなテイストを出しています。
12畳でキッチン&ダイニング&リビングを兼ねているので、今回はリビングテーブルを置かず、代わりにソファ付近に片足タイプのサイドテーブルをレイアウトしてスペースを広く取っています。
ラグはモダンなパターン柄、この部分が一番動線が絡むところですね。

12畳正方形リビング ソファからテレビを見たイメージ


ソファに座ってテレビ方向を見たイメージです。
とりあえず和室への扉の片方はあまり使用しないと思うので、観葉植物を置いてぼかしています。
こうすることでAVボードが引き戸を圧迫している感じを和らげている、というわけです。

12畳正方形リビング ダイニングキッチンのイメージ


キッチンダイニングのイメージです。
今回ダイニングテーブルをレイアウトするか迷いましたが、円卓タイプで直径1m程度のものを配置しました。
この形と大きさなら長方形タイプのものより圧迫感も少なくなるはずです。
キッチン側には軽めのチェアを配置して、ソファ側にはソファとテイストの似ているアームチェアをレイアウト。
このアームチェアはパーソナルソファ代わりにもなるので、くつろぎタイムなどのときに重宝すると思います。

12畳正方形リビング リビング内の照明


キッチンの機能も充実させないといけませんから、背の高いカップボードと背の低いキッチンシェルフをレイアウト。
少し窓に被ってますが、サイズがピッタリのものがあれば見た目はもっと良くなるはずです。
あとはキッチン作業をはかどらせるための台的なものがあると良さそうです。
照明はヤコブセンのものとダイニング用のものをテーブルの上にレイアウトしています。

まとめ

今回のリビングはキッチンとダイニングの機能も満たしつつ、 全ての部屋への動線も考慮しなくてはならないため、けっこう難しいレイアウトになりました。
というか正方形タイプのリビングはできることなら避けたいものですね。
テレビも窓の直線状に配置することになりましたし、食器などの収納場所にも困ります。
オーブンは備え付けのものがあり、レンジは置いているんですが、炊飯ジャーをどこに置けばいいのかと。
可能性としては背の高いカップボードを、下のような炊飯ジャーを収納できるものにするとよさそうです。

今回のテイストはナチュラルだったりモダンだったりちょっとレトロだったりとミックステイストでまとめてみました。
スタイルが違っても色を良くまとめておくと、統一感がでて良いと思います。
部屋自体はL字で飽きなそうですが、やっぱりリビングの使いやすいマンションが良いですね。

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧