さわやかイメージのクリーミーなノルウェーのキッチンスタイル

ジャコブセンのイスがかわいいパブリックスペースと似たようなカラーリングのキッチン。
こちらは木目のカラーがより明るいので全体的にクリーミーな雰囲気に感じられます。
床とキッチン建具のカラーが似ているので広々としたイメージになってますね。
アクセントカラーとしてのブラックもポイントです。

キッチンスペースのイメージ


主なカラーは右の4色。
もしキッチン建具が2番目のブラウンになったらキッチンのイメージも全然変わってしまうと思います。
右のテーブルも床などと似たようなカラーですが、 ここを窓枠ぐらいのカラーにしたらブラックのチェアと合わせてもっとシックになります。
ブラックでアクセントを効かせると余計な印象を省いて部屋やインテリアがしまるので参考にしやすいです。
食材や料理が映えそうなキッチン空間だと思います。
今回のサンプルは外国のキッチンなので日本のものとはスペースなどが違いますが参考にできる点はたくさんあります。
例えばキッチンの棚や収納の扉の色や素材なども、白い方が無難で良いと考えるのではなく、明るい木目のカラーにするとちょっとかわいい感じになるなど。
さすがに新築一戸建てやりフォーム時の場合に限られますが、北欧フィンランドなどからキッチンを輸入することもできますし、オーダーキッチンもあったり、そんな大掛かりなことをしなくてもインテリアシールなどで雰囲気を変えたりもできます。
キッチンで料理するときの便利さをこのページで言及することはしませんが、キッチンに足を踏み入れたとき、キッチンに長時間いるときに感じる印象をうまく調節できると良いと思います。
家の中でキッチンは比較的アクティブで楽しい部屋だと思うので、そういった面も考慮しながら北欧インテリアのコンセプトである過ごしやすい部屋作りをオーダーしてみてください。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧