ベルサイユ宮殿のインテリア ホワイト&ゴールドを基調としたお部屋


ゴージャスの代名詞ベルサイユ宮殿のお部屋です。
インテリアは高くて手が出せそうもありませんが、そのコーディネートの傾向はゴージャス&エレガントを求める方には参考になると思います。
ベルサイユ宮殿は右の3色、ホワイト、ゴールド、ダークブラウンをベースにして基本的なインテリアをコーディネートしています。
そして部屋ごとに+αなカラーをパターンで追加している感じですね。
この部屋もチェアの花柄でバイオレット系のカラーをプラスしてエレガントさに方向を出してます。

 

ホワイト&ゴールド&ダークブラウン


こちらもホワイト&ゴールド&ダークブラウンが基調となってます。
やはり暖炉の上に天井まで届くミラーをレイアウトするスタイルはフランスインテリアスタイルとしては伝統的な手法なんでしょうか?
大胆なのでちょっとためらいもありますが、案外やってしまえば自然と感じるかも。
エレガントかつ空間が広がるので一つの方法として覚えておくと良いですね。

基本3色に花柄で淡いパープル


基本3色に花柄で淡いパープルを追加したイメージです。
壁紙という面積の広いものにちょっと暖色系な淡い色が加わると暖かみのある華やかさが広がりますね。
壁や天井に施されている装飾もエレガントですね。
さすがに天井や壁の装飾はマネしづらいですが、ホワイトとゴールドにカラーを加える感じはマンションのリビングでも参考にして頂けると思います。

基本3色に柔らかいグリーン


基本3色に柔らかいグリーンを加えたイメージ。
主張しすぎないで自然に流れてる感じがするので、個人的にとても好きな配色です。

アートワークをただ壁に飾るのではなく、その裏にこういった第二の額縁を仕込むのもいいですね。
マネしやすいですし、エレガントなイメージもレベルアップする感じです。
古い、といったイメージを感じないのもいいところだと思います。

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧