DIYで実現!レトロアンティークでカフェ風のお部屋

築40年の賃貸マンションを、リフォーム&リメイクされた柴さんのお部屋をご紹介します。柴さん曰く、新品で揃えたものはなく、ほとんどが骨董市やリサイクルショップなどで調達されたとのこと。アンティークな雰囲気がレトロ&ノスタルジーを誘います。

それでは柴さんのコメントと共にお部屋をご覧ください。

柴 葉子さん
性別:女性 年齢:50歳 職業:主婦 住所:北海道
お金をかけず手間暇かけて、夫と私、猫2匹でまったり過ごせるのが幸せだニャン。

骨董市の戦利品

これは骨董市で買ったもので、昔の農家さんが稲を置くもの?らしいです。大きいテーブルのアクセントになりました。

学校の椅子がノスタルジー

学校の椅子。テーブルの下は大型収納になりました。

レトロなミシンがアクセント

一番のお気に入りミシンコーナーです。骨董市で一目惚れして買いました。

トイレもアンティークなイメージで

トイレのコーナー。全体をアイボリーに、床もベニア板でリメイク。

玄関もDIYでレトロチックに

玄関にはモルタルを塗り、タイルで装飾しました。暗かった玄関が明るくなりました。

サイトからのコメント

一目見ただけで、手間をかけて楽しんでいる様子が伺えますね。リサイクルショップを活用されるかたはチラホラいらっしゃると思いますが、骨董市でインテリアを調達する方はなかなかおられません。教室の椅子やレトロなミシンなど、アンティークに中にノスタルジーなテイストも感じられ、どこか懐かしいムードがとても魅力的だと思います。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧