”元”雑貨屋店員さんのユーズド味のある雑貨部屋

いとさん
性別:女性 年齢:30代 職業:会社員 住所:茨城県
元雑貨屋店員です。洗練されたものより、楽しくて味のあるものが好きです。実家の物置きや、蚤の市、リサイクルショップなど、手ごろでユーズドの掘り出し物を発見するのを得意としております。

本日は雑貨屋さんで働いてらっしゃった「いとさん」の部屋をご覧頂きます。彼女のモットーは「好きなものを集めていけば自然とテイストはまとまる」というもので、私はこの言葉とお部屋を見た時にものすっごく共感できました!

だって楽しそう(^_^)

キュートな雑貨でデコレーション

家具自体は収納ボックスやカゴ系がお好みのようでシンプル。それを好きな雑貨でデコレーションされていっています。

ユーズドな雑貨でデコレーション

アンティークアイテムを多いせいか、パッチワーク的なかわいさを感じています。

ひょうたんランプのダイニング

このひょうたんランプがかわいすぎですよね!ひょうたんの上部をランプシェードにするなんて一体誰が思いついたんだろう。

追記・・・こちらで販売されてます!

細かいことは気にしない!

こちらはリビングスペース。よく見るとーー カーテン短いぃぃ、、、でも!気にしない(笑)

アンティークと手作り家具

こちらのベンチも蚤の市でゲット、テーブルはリサイクルショップでゲット。手作り家具もリサイクルショップにあるんですね。

かわいいだけじゃない、機能的でもある

左上のミニチュア振り子時計、、実はアラーム機能搭載!他の雑貨も魅力的ですが、これは率直に欲しいと思いました。だが、だがしかし骨董市で見つけた一点物とのことでざんねんです。

最後は寝室全体をご紹介!

寝室もかわいい!注目ポイントは骨董市で見つけたという左下の宝箱。こちらにはなんと布団が入っているのです。見た目よりも容量大きいのかも、宝箱だしいっぱい入れられるのかもしれませんね(笑)また窓カーテンはレース+遮光カーテンではなく、薄手のカーテン二枚重ね。このアイデアは秀逸ですね、昼と夜で装いを麗しくチェンジすることができそうです。

私はこれまで「大から小」といった流れでコーデを作ってきましたが、いとさんは好きな雑貨を取り入れて「小から大」をコーデされています。はっきり言って彼女のやり方の方が楽しいと思います。大枠を決めて詳細を詰めていくコーデは最初が楽しいけど、詳細を決定していくのが「作業」になりがち。。。一つ一つを楽しんだ結果、自分テイストとしてまとまるのなら最高です。そういった意味でも今回のお部屋は素敵な空間だなーって思いました。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧