汚れがすぐ分かる!モノを置かずスッキリとしたキッチン

整理収納アドバイザーとして活動されているFUMIEさんのキッチンをご紹介します。
一瞬モデルルーム?と思うほど生活感がなく驚きましたが、それは収納テクニックに裏づけされたものでした。モノが収まるとこんなにもきれいなイメージになるんですね。

整理収納アドバイザーFUMIEさん
性別:女性 年代:30代後半 職業:パート 住所:愛知県 ブログ動線を意識した片づけ・収納STYLE
整理収納アドバイザーとして4月から活動しました。動線を意識したモノの配置をし、すっきりとした空間でくつろげることを念頭に動きます。

カウンター内の工夫


FUMIEさんのキッチンは食器棚を置くことが出来ない間取りになっているようで、様々な収納テクでカバーされています。
調理家電がカウンター内にビルトインされているみたいですね。

シンク下には頻繁に使うものを収納


こちらの収納ポイントは「手前からよく使うものを収めていく」ということだそうです。言われてみれば確かに理にかなっていますね。

家電はカウンター内にはめ込みレイアウト


ビルトインではありませんが、今回のキッチンで一際目立ったテクニックがこちら。
カウンター扉を一部外し、その中にレンジなど調理家電を収めているようです。
このアイデアは素晴らしいと思います。

そもそも食器類は増やさない


FUMIEさんは4人家族で生活されているのですが、使っているもののみをキッチンに収納しているようです。
使わないものをキッチンに置かないというのは基本的だと思いますが、なかなか出来ることではありませんね。

サイトからのコメント

一般住宅で、これほど生活感を抑えたコーディネートが、出来るとは思ってもなかったので、
最初拝見したときは驚きとともに、逆に不便ではないのかと感じました。
しかしながら、様々な収納テクニックや工夫を見つけるうちに、システム化された考え方に共感を覚えます。
アイデア次第でシステマチックなキッチンを実現した素晴らしいキッチンですね。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧