新築をリフォーム!?北海道産の白樺の木☆

 

幸せカリブーさん

性別:女性 年代:30代 職業:主婦 住所:京都市
新築一年目に、オリジナルシェルフをリフォーム会社さんに作っていただきました。
キッチンとリビングの間の飾り棚と、北海道から取り寄せた白樺の木の飾り棚です。ファブリックパネルは作りました。
部屋にある木々は、白樺の木以外は、すべてフェイクグリーンです。北欧インテリアを目指しています。

サイトからのコメント

とても上手にカラーコーディネートされた北欧風のリビングダイニングです。
ホワイトとナチュラル色をベースにグリーンとレッドでコーディネートされています。
赤と緑という色は「トマトとサラダ」と同じく「補色」という関係性を持つ色の組み合わせです。
サラダの中にトマトがあると全体が生き生きとしておいしそうに見えませんか?
そういった効果を部屋の中に取り入れられており、白と木目のインテリアに活力のような楽しさを与えてくれています。
ファブリックパネルや飾られているアートワーク、そしてフラワーやフラワーベースなども徹底して、グリーンとレッドの組み合わせを取り入られているのですごいですね。
飾り棚も自然木を加工してあり、既存のインテリアにはないナチュラルなイメージを与えてくれています。
何気にこのコーディネートの中でホワイトのカーテンを使われているポイントが上手だなと思いました。
フロアライトも飾り棚のような自然木を使用した面白いものだとより楽しそうです。
子供っぽくない、大人のかわいさを見事に表現された、お手本になる北欧風リビングだと思います。
せっかくなので赤色だけを変えたイメージもご覧下さい。


オレンジと黄色はビタミンカラーなイメージで赤よりマイルドな活発さを感じます。
黄緑色はより若々しく、淡いブルーは落ち着いたポップな感じな印象です。
主にファブリック部分のみカラーを変えているので季節や気分によって変更する楽しみもありますね。

 

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧