目指せ海外インテリア!俺の白北欧スタイル部屋

タツシさん
性別:男性 年齢:21歳 職業:大学生 住所:大分県
インテリアを考えるのがとても好きです。家具はイケアとニトリが多いです。

今回は10畳ワンルームでインテリアを楽しんでいる大学生タツシさんのお部屋をご紹介します。
そのコンセプトは海外インテリア!レンガ調のアクセントクロスがいい雰囲気です。

 テレビとアートのスクエア感がいい感じ


さて、まずはタツシさん一番のお気に入りなテレビ周りから。黒縁テレビとアートの黒枠に共通性があって統一感を感じますね!雑貨類は100均メインとのことですが、最近の100均アイテムはクオリティ高いので侮れません。

 デスクトップPC!


おぉー、学生さんの部屋では珍しいデスクトップPCが!IT従事者としてなんか親近感がわきますよ(^_^) この場所は一番落ち着くスペースだそうで、ガラス調のクールなPCデスクがいいですね!

 欧米人は飾るのうまい


私も色々海外インテリア見てきましたが、その特徴の一つとしてアートワーク等を”飾る”、すなわちデコレーションするテクニックが多く見られることです。欧米の方々は飾るのうまいんですよね。こちらはベッド周りですが、ロンハーマンのフレームを飾りつつまとめられています。

 クリスマスツリー!


もちろん年中出しっぱというわけではなく冬を楽しむためのアイテムとして活用されてます。飾りにもこだわりがあるようです。うむ、たしかに落ち着いたデコレーションで部屋のムードを壊してないですね。

 レンガ調のアクセントウォール


私がシミュする時、アクセントウォールは大抵、部屋のメイン方向につけることが多かったですが、こちらの部屋のように窓際にそれを持ってくるのも良いと感じました。特に今回のようにフェイク系の壁紙だと窓という光源が近いことでリアリティが増しているように思えます。

 玄関はカフェっぽく


個人的に一番好きなワンショットがこちら。やっぱり玄関からイメージが続いていると期待感が違いますよ。靴棚はすのこを活用されてるとのこと。

 やわらかトイレ


トイレもいーかんじですね。やっぱり狭い空間は全体を完成しやすいと思います。部屋のテイストを引き継いでいますが、トイレだけちょっと違う海外テイストにしてみるのもおもしろいかも。。。ファンキーな路地裏とか。

 これは参考程度に(^_^;)

そう、海外にはこんなイカれたトイレもあるんですよ(^_^;)
まあこれは参考にならない一例かもしれませんが、タツシさんの部屋のまとめ方は素晴らしいと思います。部屋をいじるのに慣れてない方は、そこを平面で考えがちですが、壁や天井まで意識しながら立体的にコーディネートできると、部屋いじりがもっと楽しくなると思います。タツシさんのようにね!

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧