手作りウォールステッカーの作り方

手作りウォールステッカーの作り方をご紹介します。
売っているものみたいに複雑なモチーフは無理ですが、
けっこうかんたんに作れて費用も抑えられるのでお部屋のワンポイントにぜひお試し下さい。
インテリアハートではウォールステッカーの型を配布してますので、
オリジナルの組み合わせも楽めると思います。

手作りウォールステッカー作りに必要なもの


カッティングシートから切り出すときに使用します。
カッターよりも細かい作業ができるのでお勧め。
100均(写真のものはダイソーで購入)にあります。


切り出すときに机を傷つけないために必要。
大きさはA4程度のもので十分です。
こちらも100均にあります。


これに型を当ててステッカーを切り出します。
ホームセンターや100均には色んなタイプのものが売っているので
お好みの物を用意してください。費用は数百円


転写シートのことで、切り出したステッカーを
壁に貼るときに使います。
きれいに揃えて貼れるのであるといいです。
費用は数百円

型をカッティングシートに貼り付けて切り出す

プリントアウトした型をカッティングシートのカラー面にノリでくっつけて、
デザインナイフで形を切り出していきます。
ノリは弱めにつけておくと後で剥がしやすいので、ずれない程度にくっつけて作業しましょう。
切り終わったら型をはがしてカッティングシートについてるノリを拭いて下さい。
ウォールステッカーの型は当サイトでも配布しています。

>猫の手作りウォールステッカー
>クジラの手作りウォールステッカー
切り出したウォールステッカーをリタックシートに貼る

切り出したウォールステッカーをリタックシートに貼って、レイアウトを調節します。
リタックシートの粘着面にステッカーのカラー面を貼ってレイアウトを考えましょう。
レイアウトが決まったらカッティングシートの裏の紙をはがします。

リタックシートごと壁に貼り付ける

ステッカーの裏の紙をはがしてリタックシートごと壁に貼り付けてください。
空気を抜くようにタオルでこすりながら貼るときれいにできると思います。

ウォールステッカーの剥がし方

手作りのものでも買ったものでも、
ウォールステッカーをはがす場合は、
ドライヤーで暖めて粘着面を柔らかくしてから剥がしましょう。
壁紙を傷つけずにうまく剥がせるようになります。

材料は100均とかで揃うので買うよりは安く楽しめます。
カッティングシートも単色だけじゃなくてデザインや素材感があったり様々なので自由度は高いです。

右サイドバーの「手作りウォールステッカー」というメニューで、ウォールステッカーの型も配布してますので、
いろんな組み合わせを楽しんでみてください。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧