サンドペーパーの番目(粗さ)

サンドペーパーには粗さがあり、その粗さの具合を「粗度」などと表現します。
粗度は番号で表示され、番号が若いほど目も粗くなり、2000番程度までバリエーションがあります。
DIY、木工では100〜400番程度の間のものを使用すると良いでしょう。

■粗目(100番〜200番)

木材表面を荒削りして、大まかな荒れを研磨し目立たせなくする為に使います。
このぐらいの番目だと、パワーがいるので電動工具を良く使用します。

■中目(200番〜300番)

荒削りした表面をさらに磨くため使用します。
この程度になると、手動で研磨するときに使います。

■細目(300番〜400番)

塗装面などを磨くのに適しています。主に仕上げように使用する番手のサンドペーパーです。
少し柔らかいサンドペーパーホルダーを使用すると、キレイに仕上がります。
このぐらいになると、研磨というよりは、なでるような感覚です。

一つの作品を仕上げる場合、この3タイプの番目を使いこなして行きますが、中目、細目はよく使うので、粗目のサンドペーパーより多く用意すると良いと思います。

あわせて読みたい関連ページ

  • サンドペーパーホルダーサンドペーパーホルダーとは、サンドペーパーを取り付けて作業するのに便利なホルダーのことです。用途によ...
  • サンドペーパーの種類 サンドペーパーには様々な種類があり、用途によって選択して使います。大体は紙タイプのものを使い...
  • サンドペーパーの役割 DIY作品を綺麗に仕上げたいなら、サンドペーパーは欠かせません。ノコギリなどでカットした後の...
  • 電動サンダーの使い方 木材平面の「研磨作業」、切り口のならしに この電動サンダーがあると、作業効率がかなり上がります...
  • ドリルドライバーの使い方 個人的な印象として、初心者のかたがまず最初に購入するであろう、電動工具だと思います。 基本...
  • ペンキの塗り方・工程 それではペンキの塗り方についてご紹介します。 1.塗装面を整える まず塗装面を整えましょ...

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧