風水的な家具&雑貨の選び方をマスターしよう

風水インテリアではまず部屋や室内の方位を測り、その方位の五行の気を「増やす」「維持する」「静める」という判断をし全体的なバランスを調節して、運気や気持ちをアップさせていきます。その「増やす」「維持する」「静める」という行為は、そこにインテリアを置くことによってなされることなので重要なのは、そのインテリアがどんな気を持っているか、ということです。
加えてその家具の機能を、ゆったり落ち着くかで陰、呼び込まれるような魅力があるかで陽、と判断します。

例えば陰の傾向が強いテーブルは落ち着き、陽の気を持つテーブルは人を引き寄せるといった具合です。どちらも一長一短で、リビングに陰のテーブルを置いて落ち着いても、人が集まらないと寂しいので陽の要素も必要となり逆に陽の強いテーブルで人を呼び寄せても、落ち着かないのですぐ席を立ってしまいます。(ファーストフード的)

このページでは家具の素材、デザイン、色から持っている気や陰陽を判断する方法と一般的な家具のパターンごとに陰陽五行に分類したものをご紹介したいと思います。

風水的家具の選び方1 素材、カラー、デザインから陰陽五行を判別

木の気


カラーはグリーンやブルー。
素材は木材や籐、紙など木を原料としたもの。陰陽のバランスはニュートラルですが、籐は陰の傾向が強いです。
背の高い家具も木に属します。

火の気


カラーは紫や朱色(明るい赤など)。
素材はプラスチックや化学繊維ですがこれはNG。革は火だと思います。陽の傾向が強いです。

土の気


カラーは黄色や茶色。
素材は陶器や綿などの天然素材。
陰の傾向が強いです。
背の低い横長の家具は土の傾向にあります。

金の気


カラーは白、金、銀、ピンク~鮮やかな赤。素材は金属や大理石などの固い石。陽の傾向がとても強いです。
丸い家具は金の傾向にあります。

水の気


カラーは黒や水色。素材はガラスで
陽の傾向が強いですが、なめらかなデザインは陰の傾向にあり。

陰の判断ポイント


形は細長い長方形やなだらかな曲線。
カラーは寒色系、黒。
柔らかく、光沢感の少ないものは陰の落ち着いた雰囲気を持ちます。
女性的なイメージ。

陽の判断ポイント


形は円形が最も強く、正方形、八角形、鋭角があるもの、コンパクトなもの。カラーは暖色系、白。固く光沢感のあるものは、陽の引き付ける雰囲気をもちます。
男性的なイメージ。

ニュートラルの判断ポイント


形は正方形に近い長方形、楕円形。
カラーは中性色系、グレー。
バランスよく自然な雰囲気を持ちます。
ユニセックスなイメージ。

かんたんな説明になりますが、おおよそこのようなポイントから家具&雑貨の陰陽五行を判断するとよいでしょう。
真っ赤なソファは土の傾向にありますが陽の気が強く人をひきつけるけど落ち着かないのでソファとしての機能を果しません。
それでは一般的な家具のパターンごとに陰陽五行を判断したものをご紹介しますのでその家具の機能と目的、部屋の方角による気などを考慮しつつ組合せを楽しんでください。

風水的家具の選び方2 テーブル編

楕円形のテーブル


無印良品で実際に販売されている楕円形の木製ローテーブルです。
こういったタイプは木の気を持ち、陰陽のバランスもニュートラルです。

丸テーブル・ちゃぶ台


木の気を持ちますが陽の傾向がとても強いため、人は集まりやすいけど落ち着かないという感じ。正方形も一緒。
こういったタイプは座椅子やクッションで強く陰の傾向を出してあげる必要があります。

ガラステーブル

水や金に似た気をもち、とても強い陽の傾向にあります。
ソファを陰の傾向で落ち着く感じにするのがベストです。

木製の長方形テーブル

木と土の気を持ち、陰の傾向が強いテーブルです。土台が陰だと周りの家具や雑貨、テーブルランナーなどのファブリックで陽の雰囲気を作りやすいので扱いやすいタイプです。ただし光沢感が強いと陽の傾向になります。

サイドテーブル


正方形のものは陽の傾向が強いので長方形か楕円形のものと、ソファをすわり心地の良い陰のものにする必要があります。
ローテーブルでもダイニングテーブルでも同じように判断してください。
また角がカクカクしているものよりは角が丸くなっているものの方が鋭い気をださないのでオススメです。
テーブル単体としてはやはり木製のものが扱いやすいですが、それに縛られることなく組合せを楽しむのも大切です。

風水的家具の選び方3 ソファ編

モダンなソファ


デザイン的に強い陽の傾向を持ちます。持っている気は土をベースにその素材で判断してください。クッションやテーブルを陰の傾向にするかダークなカラーなものでバランスをとるとよいでしょう。

曲線的なフォルムのソファ

柔らかそうなデザインのものは陰の傾向を持ちます。気は素材から判断。
こちらは逆に陽の傾向のクッションやテーブルと合わせると使いやすいです。

ナチュラルなソファ

ナチュラルや北欧テイストなどは基本的にはニュートラルですが、ソファは土と木の気を持ちやすいので少し陰に偏ります。ファブリックで陽の雰囲気も出しやすい。

アジアンソファ

土と木の性質を持ち、陰の傾向が強いです。アジアンテイストにコーディネートすると全体的に陰になりますので、照明やファブリック、雑貨などで陽の傾向をプラスするとよいでしょう。

ソファベッド


ソファベッドは基本的に固いものが多いので陽の雰囲気を持ちます。気は素材により判断します。
ソファは形から土の傾向を持っているので、素材と合わせてその気を判断します。
たとえば流線的で女性的なフォルムのものは、水の気をもち土の要素も持っており落ち着きやすい陰の傾向、といった具合に

風水的家具の選び方4 椅子・チェア編

ナチュラルな椅子

木製のナチュラルな椅子は木の気を持ち陰陽もニュートラルなので合わせやすい家具です。
ちょっとモダンデザインなものは少し陽に傾いていると考えましょう。

光沢感のある木製の椅子

木の気を持ち、陽の傾向にあると考えましょう。

アームチェア


肘掛(アーム)がある椅子は少しどっしりとした感じで落ち着きがあり陰の傾向があります。小さい子供を落ち着かせてテーブルに付かせたい場合は役に立ちます。

金属の椅子

金の気を持ち強い陽の傾向にあります。モダンなデザインも多くアクセントとしては使いやすいかもしれません。
椅子を選ぶ際は特に素材の質感をポイントとしてみるとよいでしょう。

風水的家具の選び方5 その他の家具編

AVボード

形的に土の気を持ち陰の傾向にあります。基本的に強い火で陽であるテレビの下にあるので、本来持っている傾向を殺さないものが良いでしょう。

照明

基本的に火の気をもち陽の傾向が強い家具です。
フロアランプなどの背の高いものは木の性質持つと判断するとよいでしょう。

タンス・キャビネット

こちらも土の気をもつ家具です。
素材やカラーなどで上手く調節してください。ただし、背の高いものは木の気を持ちます。

ラック・本棚

背の高い家具は基本的に木の性質を持っています。後は素材から陰陽やプラスアルファの気を判断するとよいでしょう。

ドレッサー・化粧台

寝室に置く場合は角は丸いものにして楕円形の鏡が付いているものにすると良いでしょう。楕円形はより陰の傾向が強いので化粧をするときによりくつろいだ感じになれます。

まとめ

陰陽五行の判断ポイントや家具ごとのパターンをご紹介してきましたが、あくまで大切なのは組合せです。
たとえば陰陽がニュートラルだからといって、木製で木の気ばかり増やしてもそれが部屋の方角や機能とのバランスを崩してしまっていては元も子もありません。
風水の家具選びでは、まず部屋の方角やどうしたいかの願望を部屋の機能と照らし合わせて考えてそれから、それを実現するために現状はどうなっているのかを確認しそこにある気を「増やす」「維持する」「静める」のパターンに沿った家具をチョイスします。
その家具がどんな気を持っているのかが分からないとチョイスもできないのでこのページで解説したことを参考に五行と陰陽のバランスを考えてインテリアコーディネートを行ってください。
そしてこれらにアクセントとして雑貨を組み合わせることをオススメします。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧