築30年の中古マンションをリノベーション!解放感が自慢の リラックス リビング

今回は愛知県にお住まいのちゅーたんさんのオシャレリビングをご紹介します。テイスト的には北欧ビンテージテイストといったところでしょうか、家具類の味わいも素敵ですが築30年マンションをリノーベーションされた珪藻土リビングがレアかっこよいのです。

それでは色んなポイントを拝見していきましょう。

ちゅーたん さん
性別
:女性 年齢:30代 職業:パート 住所:愛知県
手作り大好き。いまは、寝室に飾るタペストリーを織っています。

壁は全て珪藻土、素材感が豊かなリビング

まずは、この広さがリラックスポイント。キッチンを壁付けにしたことで開放的なリビングになりました。わたしのこだわりで設置した室内窓はリビングで一番のお気に入りです。

リビング壁を全て珪藻土!しかもカラー付きなので最初見た時は驚きました。漆喰壁なんかはよくありますがめずらしいですよね。コメントにもあるように外窓に向けて引っかかりが無く開放的、新設された室内窓も黒珪藻土に表情を与えているようで素敵だと思います。

ライティングでムードアップな読書スペース

リビングの一角に設けたソファースペース。実は、うちのリビングには2ヶ所ソファースペースがあります(笑)こちらのスペースは、主に読書用に。

このライトアップされた珪藻土の味わいがやべーです。写真で見てても思わず触りたくなっちゃいますね(笑)

オールステンレスのmiseruキッチン

キッチンを壁付けにしたことで開放的なリビングになりました。オールステンレスで見せるキッチンに。

リノベーション時に壁付けにしたというキッチン、オールステンレスで質感がかっこいいですね。あれ?もしかしたらキッチンタイルも珪藻土系のタイルなんでしょうか?統一感がはんぱないです(*´∀`*)ノ

人がコンテンツとなるリビングです

ちゅーたんさんのリビングはデザイン&コーディネートも素晴らしいんですが、私が最も興味を惹かれたのが「デジタル機器がゼロ」という点です。つまりこちらのリビングはお互いがコンテンツになり触れ合うことが自然とできるということだと思います。

コミュニケーションは意識的に取ろうとすると無理が生じやすく歪が出来る場合もあるのですが、こちらのリビングのように自然と取りやすい仕組みが施されていると、会話も増えて生活クオリティも絶対上がると思います。

穏やかで豊かな雰囲気のリビングを見せて頂きありがとうございましたヽ(*´∇`)ノ

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧