ペンキ塗料の種類(水性・油性)

ペンキには大きく分けて水性のものと油性のものがあります。家具に塗るには油性よりも水性のものがオススメです。屋外など自然環境の影響を受けやすい所に塗る場合には油性ペンキやオイルステインなどが良いでしょう。
またつやアリ、つや消しタイプのものがありますが、つや消しタイプの方が調整しやすくオススメです。それでは水性ペンキのメリットをいくつか上げてみたいと思います。

メリット1.薄めやすい

ペンキ塗料を塗るときは塗料の粘度を調節するため、うすめて使用します。
油性ペンキの場合、シンナー系の溶液でうすめないといけませんが、水性塗料の場合水で薄めて使用できるので扱いやすいです。
シンナー系の溶液は扱いが難しく環境や人体にも悪影響を及ぼすので気をつけてください。

メリット2.色の種類が豊富に揃っている

ホームセンターに行けば分かりますが、油性と水性では後者の方が圧倒的に種類が豊富です。
やはり水性の方が扱いやすく経済的なのでそんな流れになっていると思います。

メリット3.後片付けが簡単

油性の場合塗料を洗い落とすためにシンナーを使いますが、水性なら水で洗うことが出来ます。
刷毛やローラーは使い捨てるともったいないので、きちんと掃除して保管しておきましょう。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧