スプレー缶塗装 下準備・道具

スプレー缶塗装はペンキ塗りよりも簡単でキレイに仕上がりやすいので初心者の方にオススメです。手も汚れにくく後片付けもペンキより楽になります。

但しペンキよりは費用が掛かります。

マスキングテープを用意する

スプレー缶塗装をする場合マスキングテープで塗りたくない箇所を保護しましょう。
塗りたくない場所が広範囲に及ぶなら新聞紙も併用して保護します。

新聞紙とビニールシート、ウマも用意する

塗装するときはまずビニールシートを敷き、重ねるように新聞紙を敷くと良いでしょう。
ちょっと汚れた場合は新聞紙を変えればOKですし、ビニールシートなら床や地面に塗料が染み込むのを防ぐことが出来ます。
また塗るときは木材などを床や地面から浮かせるためにウマとして使用できる木片などを用意しておきましょう。
塗装面の端では必ず塗料が垂れてきます。
その時木材が床に置きっぱなしだと、塗料がたまって固まったり、新聞紙などがくっついて嫌な感じになります。
これを防ぐ為にウマを置いて、垂れてきたらボロ雑巾などでたまらないようにふき取りましょう。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧