サンドペーパーの役割

DIY作品を綺麗に仕上げたいなら、サンドペーパーは欠かせません。ノコギリなどでカットした後のバレをならすのにも使いますので、ぜひサンドペーパについての知識をお持ちください。

 

サンドペーパーとは

数多くある研磨剤の中の一つで、面を研磨するのに使います。
サンドペーパーには表と裏があり、一方が粒状になっていて(研磨剤が塗られている)、もう一方は番号等が書かれています。
この粒状の部分(研磨剤部分)を、木材等の面に当て、摩擦するように動かすことで研磨作業を行います。
一般にインテリアDIYや日曜大工でサンドペーパーを使う場合、木材を研磨するためだけと思われがちですが、ペンキ等の塗装面も磨いていきます。

 

あわせて読みたい関連ページ

  • サンドペーパーホルダーサンドペーパーホルダーとは、サンドペーパーを取り付けて作業するのに便利なホルダーのことです。用途によ...
  • サンドペーパーの番目(粗さ) サンドペーパーには粗さがあり、その粗さの具合を「粗度」などと表現します。 粗度は番号で表示...
  • サンドペーパーの種類 サンドペーパーには様々な種類があり、用途によって選択して使います。大体は紙タイプのものを使い...
  • サンドペーパーの掛け方 サンドペーパーホルダーを用意 ホームセンターなどにはサンドペーパーを挟んで使うようなホルダーが...

DIYカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧