ピンク部屋に似合う差し色9パターンをチェック


ピンクでまとめられた部屋へ入れる差し色を9パターン変化させたイメージをご紹介します。
なかなかピンクをメインにコーデする方はいないでしょうが、キュートで柔らかいイメージが魅力的です。
最初の差し色はブラック。明度差が強いのでアクセントとしては無難です。

 

ピンク部屋+レッド


ピンクと馴染みつつアクセントとしても使えるのがレッドですね。
ピンクに力強さを与えてくれる印象です。

ピンク部屋+ブルー


柔らかくて甘いイメージが強くなるの差し色がブルーです。水色系だとお菓子のような感じでしょうか。

ピンク部屋+グリーン


ピンクに爽やかさを与えてくれるのがグリーンです。桜カラーは定番ですね。

ピンク部屋+ネイビーブルー


大人っぽくかわいい感じを強調するのが、濃紺系のネイビーブルーなどです。

ピンク部屋+イエロー


ピンクにイエローは差し色としては弱いんですが、よりカジュアルな印象を作ってくれます。

ピンク部屋+パープル


ピンクに濃い目のパープルを差し色に使うと馴染みやすくてやりやすいです。
かわいさにエレガントな大人っぽさが加わります。

ピンク部屋+ゴールド


素材感の違うゴールドを入れると一気にゴージャスなイメージに。

ピンク部屋+シルバー


シルバーも素材感による差し色という形で、ゴールドよりスマートな印象です。

まとめ

ピンクやベージュなど柔らかい色に差し色を入れる時は、まず色の明るさで対比させるか、
ゴールドやシルバーのように素材感でアクセントにするかを考えるといいですね。
差し色を変えれば受ける雰囲気も変わるので、差し色テクニックを持っていると気分転換もしやすいです。

 

あわせて読みたい関連ページ

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧