インテリアスタイルの種類(テイスト、パターン)

コーディネートには様々なスタイルがありすぎて、ナチュラル?と言われてもナチュラルモダン?と続いたりすると、いまいちイメージがつかないこともありますね。

そこでこの記事では代表的なスタイルを、そのイメージ写真と一緒にまとめてみました。自分の好みがどんなスタイルなのか、イメージがつかめれば模様替えもやりやすいはずです。

ナチュラルスタイル

木材やファブリックなどに「素材の手触り感」を感じる人気のスタイルです。
基本的にはソフトトーンの木材+ホワイトなどで統一し、ファブリックやインテリアでアクセントを付けていきます。

北欧ナチュラルテイスト

明るいナチュラル色の木目をベースに、いわゆる北欧テキスタイルでポップなイメージを追加したり、デザイン性の高い照明などでアクセントを付けていくインテリアテイストです。
Photo Adam Burt

ナチュラルモダンテイスト

ナチュラル+シックといったイメージのテイストです。ナチュラル色をベースにシックなカラーでまとめたり、ガラスやアイアンといった素材でサブコーディネートすることで、大人っぽいナチュラルな雰囲気を楽しめます。

この写真のコーディネートはこちら

ナチュラルシンプルテイスト

ナチュラルテイストの基本である、ソフトトーンの木目とホワイトインテリアでまとめられたシンプルなコーディネートです。清潔感があり落ち着いたベースなので、観葉植物やインテリア小物でアレンジするとポップになったりモダンな雰囲気になったりします。

この写真のコーディネートはこちら

ナチュラルレトロテイスト

50、60年代に流行ったレトロテイストのナチュラル家具でコーディネートされたインテリアテイストです。現代のテイストに比べるとフォーマルな雰囲気が強いので、リビングなどにしっくり来ると思います。

この写真のコーディネートはこちら

カジュアルスタイル

比較的リーズナブルな家具を使いコーディネートすることが多いスタイルです。
これといったイメージが無いまま部屋作りをしていくと、最終的にこのスタイルに落ち着くことが多いような気がします。ただ気軽なイメージは清潔に保たれてさえ要れば心地よいものになるので、生活し易いスタイルとも言えます。

カジュアルシンプルテイスト

比較的安価でシンプルなインテリアでまとめられたテイストです。
あまり個性的ではありませんが、気軽なイメージである程度機能的な家具をチョイスするので使い勝手は良いと思います。

この写真のコーディネートはこちら

カジュアルモダンテイスト

カラーやデザインがポップなものを取り入れたカジュアルスタイルのコーディネートです。
インテリアはシンプルに、雑貨などでアレンジすると演出しやすいです。
例えばキャラクターフィギアやアメリカンポップな雑貨など。
物を多く飾ることで楽しいポップな雰囲気が感じられます。
Photo jinkazamah

カジュアルキュートテイスト

キュートなカラーリングが特徴的な若者向けのコーディネートです。
ポイントとしては、ピンクなどのソフトトーンのカラーを多めに使い、アクセサリーなどもフォルムが丸く、素材もガラスなどキラキラしたものを使います。Photo jinkazamah

カジュアルビンテージテイスト

使用感のあるインテリアを使うビンテージテイストのコーディネートです。
簡単な方法としては古くなったアイアン系のインテリアをレイアウトしたり、普段の生活には無いような、工具系のアイテムを雑貨としてデコレーションするとよいでしょう。

この写真のコーディネートはこちら

モダンスタイル

基本はスッキリシンプルでフォーマルな雰囲気も楽しめるインテリアスタイルです。
色味を抑えたコーデや、スッキリとしたフォルム、大胆な造形の家具などを取り入れて演出します。

シンプルモダンテイスト

比較的フォーマルで整えられた印象のコーディネートテイストです。
木目を使う場合はウォールナット色などのダーク系でまとめたり、グレイッシュなカラーで整えます。家具のデザインは直線的であったり単一的なものをチョイスするとまとまり易いでしょう。
レザーなどを取り入れるとクールな雰囲気に移ります。
Photo Erica Firment

クール&スタイリッシュテイスト

生活感が抑えられ、見た目の印象も温度感が低いイメージのコーディネートテイストです。
このスタイルは床や壁など室内の大きな面積を占めるインテリアをある程度統一させてからスタイリッシュな家具をチョイスするとうまくまとまります。

アーバンテイスト

都会的でシックな雰囲気のコーディネートテイストです。
このスタイルを考慮するときホテルライクなイメージが一番しっくりくると思います。インテリアのフォルムはシンプルなもので、カラーはグレイッシュなものをチョイスすると実現しやすいです。
Photo outreachr.com

モダンポップテイスト

洗練されたイメージの中に大胆なアクセントを付ける「モダンでにぎやか」といったイメージのコーディネートテイストです。
基本的にはシンプルモダンテイストに、フォルムやカラーがポップなアイテムを組み合わます。
Photo jinkazamah

ミニマルテイスト

直線的で無駄のないフォルムのインテリアを使用したコーディネートテイストです。室内のインテリアをホワイト一色でまとめたり、壁面収納などを使って空間のスペースを広く取ることに特徴があります。素材感は極力抑える方向でまとめると良いでしょう。
Photo Max Touhey

クラシックスタイル

トラディショナルなヨーロピアンスタイルでコーデするインテリアスタイルです。
インテリアのフォルムに特徴があり、ゆるやかでなめらかな独特のフォルムを持っています。

トラディショナルテイスト

伝統的なヨーロピアンテイストを持つコーディネートスタイルです。
特徴としてはインテリアのフォルムは流線型、女性的なものが多く、フェミニンなイメージも作りやすいテイストです。
家具のカラーは統一し、クラシカルなテキスタイルを取り入れると収まりが良くなるでしょう。
Photo Lindsay Attaway

トラディショナルテイスト(重厚系)

クラシカルな雰囲気に重厚なソファなどを置いて風格を増すようなコーディネートテイストです。
カラーもレッドやブラウンなどのダーク系の色を使い、素材感も固い印象のものを使います。
Photo Federico

モダンクラシックテイスト

海外のラグジュアリーな雰囲気を持つインテリア例のようなコーディネートテイストです。
現代的なヨーロピアンテイストといったところで、伝統的なテキスタイルを持ちながら高級感が強く演出されています。
Photo Sunland Group

エレガンススタイル

華やかなヨーロピアンスタイルといったイメージのインテリアスタイルです。
基本的にはクラシカルな家具を使用しますが、ゴールドやホワイトなど映える色を使い華やかな雰囲気を演出します。

エレガンステイスト

女性的なカラーリングが特徴となる柔らかいイメージのエレガンススタイルです。
紫やグリーンなどで淡い花のようなイメージを作り出し、ホワイトの清潔感をファブリックなどで強調します。
ロマンチックな雰囲気が魅力的です。
Photo coco+kelley

王室風エレガンステイスト

クラシカルなデザインの家具とゴールドなどのキラメキ感、そしてトラディショナルなテキスタイルを組み合わせた豪華で華やかなイメージのコーディネートテイストです。
家具も格調高いものを選ばなくてはならないので費用がかかります。

この写真のコーディネートはこちら

アンティークエレガンステイスト

使い込まれたシャビーな質感を持つ家具をコーディネートするインテリアスタイルです。
落ち着きながらもロマンチックな雰囲気が楽しめます。

この写真のコーディネートはこちら

モダンエレガンステイスト

クラシック過ぎずなめらかなフォルムを持つ家具で構成される現代的なエレガンススタイルです。
単純に花柄のテキスタイルを取り入れるのではなく、家具やインテリアで全体的に花のカラーをイメージするとモダンな雰囲気になるでしょう。
Photo Urbane Apartments

アジアンススタイル

アジアンスタイルは基本的に落ち着いた雰囲気を持つスタイルです。
カラーはブラウン系がメインで、素材感も楽しめるのが特徴だと思います。

和風・ジャパニーズテイスト

日本的な家具を使うコーディネートです。
分類的には民芸調に入りますが、伝統的な家具を使いつつファブリックなどでモダンな雰囲気を出すのも良いと思います。
ロースタイルの家具に合わせて、壁を意識しながらコーディネートできると収まりが良くなります。

アジアン・民芸調テイスト

バリ家具など東南アジアのインテリアをメインに使用したコーディネートテイストです。
リゾート感も強くなるので、非日常的な空間を演出したい場合には参考になると思います。
照明は灯りを点々と灯すような感覚が大切です。

この写真のコーディネートはこちら

モダンアジアンテイスト

現代的なデザイン、機能にアジアンな素材を組み合わせたコーディネートテイストです。
一般的なリビング等にもなじみ易く、実現しやすいスタイルだと思います。

カントリースタイル

欧米の田舎風コーディネートといったイメージのインテリアスタイルです。
クラシックスタイルに比べるとどっしりとした印象で、どこか懐かしさを感じさせてくれます。

アメリカンカントリーテイスト

脚の隠れているどっしりとしたソファやロッキングチェアなど、日本で一般的にカントリーテイストというと、アメリカンカントリーが該当します。
カントリー家具は大きいくごついものが多いので部屋のレイアウトを工夫しながら調節すると良いでしょう。
Photo Eric Harrison

フレンチカントリーテイスト

主に南仏のホワイトを基調としたカントリーテイストが有名です。
イメージとしては木材をホワイトでペイントした様な壁や家具、素材感が少し粗い石材や木材などを使用してコーディネートします。
グリーンも映えて落ち着いたさわやかなイメージになります。
Photo Susan Serra, CKD

イングリッシュカントリーテイスト

イギリスのカントリーテイストはクラシックテイストが他のものより強い印象があります。
シンプルなファブリックを大胆に使ったり、ギンガムチェックなどの伝統的なテキスタイルパターンを取り入れると雰囲気が出てくるでしょう。
Photo PoshSurfside.com

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧