白+ナチュラル色でまとめた一人暮らしのインテリア

白+ナチュラル色の家具を使ってやわらかいイメージのコーディネートを作成しました。2色でまとめているのでこれをベースにアレンジもしやすいと思いますし、このテイストの家具は種類も豊富なので自分好みにできそうです。

記事末で今回参考にしているインテリアも紹介していますので、ぜひご覧くださいませ。

 

賃貸物件情報と間取り図

場所大阪府大阪市阿倍野区
立地阪堺電気軌道上町線北畠駅 徒歩7分
面積1Kマンション(9畳)
家賃4万円程度

入口からのイメージ

部屋の入口から見たイメージです。
窓に向かってインテリアが少なく観葉植物も置いて開放感を出しています。

ナチュラルなワークスペース

コンパクトなデスクとイームズチェア、それとオープンシェルフを合わせてワークスペースを作りました。チェアの下には小さめな丸ラグを敷いて雰囲気をまとめています。

ワークスペースを使いやすく

デスクの両隣に高さの違うオープンラックをレイアウトして使い勝手を良くしています。囲まれた感じが集中できそうですし、ラックはディスプレイもしやすいので見た目にも良いと思います。

ナチュラルなチェストなどの収納家具

部屋の左手にはナチュラル色単体のチェストとホワイト単体のチェストなどをレイアウト。

白いラグとユニークなローテーブル

ラグもカーテンもホワイトで統一して真ん中にかわいい感じのローテーブルをレイアウト。

ベッドスペースもホワイトとナチュラルで

ベッドもその周りも2色でまとめてコーディネートしています。観葉植物や時計のカラーが映えていい感じですね。

テレビ周りのイメージ

ベッドからテレビ周りを見たイメージです。こちらの方向は引き出し付きの家具を使用しているのでかなりすっきりとしたイメージになっていると思います。

ワークスペースとの間仕切り

ベッドからワークスペースを見たイメージです。低めのラックを間仕切りとしてレイアウトしており、ここら辺にあると便利なモノを置くスペースも確保。

まとめ

やはり白とナチュラル色は抜群の相性ですね。イメージをはっきりさせるために、白単体のインテリアを何点か使用して印象付けています。この色に限らず2色とか色を限定してベースを作ると、その後のアレンジもしやすいです。

観葉植物などを増やせば少しモダンカントリーなイメージも出ますし、雑貨でカラーを増やしてポップな感じにもできます。家電などもベースのホワイト色にまとめてしまえばよりイメージが出やすくなると思います。

 

このコーデに関連する家具類

  • icon icon

あわせて読みたい関連ページ

コーディネートカテゴリ一覧

本日の人気記事

この記事のタグ

タグ一覧