ダークブラウン部屋の差し色9パターン

大人っぽくてダンディーな雰囲気のあるダークブラウンでまとめた部屋に合う差し色をシミュレーション。

まず最初はホワイトを差し色としてチョイスしてみましたが、明度差があるのでしっかりとアクセントになってくれています。
今回は床とラグも白いので、白を使うときはトータルで合わせても収まりがよいですね。

ダークブラウン+差し色レッド

次は力強いレッドを差し色として選んでシミュレーションしています。赤は鮮やかな色なので充分に差し色として機能してくれています。やっぱりイメージは強い印象になりますね。

ダークブラウン+差し色ブルー

水色に近いブルーを差し色に使ってみました。
ダークブラウンの落ち着いたイメージに、ブルーの爽やかで澄んだ印象が加わって結構好きです。

ダークブラウン+差し色グリーン

続いては黄緑っぽいグリーンを差し色に使っています。
木と葉っぱという感じで、とても自然な印象に落ち着くと思います。色の差が大きいので差し色としても充分機能して、全体を引き締めてくれていますね。

ダークブラウン+差し色イエロー

ダークブラウンにイエローを差し色としてチョイス。色の明るさに差があるのでアクセント機能も充分。どちらもブラウン系の色なので納まりがよく見えます。

ダークブラウン+差し色バイオレット

濃い目の紫、バイオレットをシミュレーションしてみましたが、これは差し色としては機能してませんね。

ダークブラウン+差し色ピンク

ピンクをダークブラウンに入れると、バレンタインカラーみたいでキュートな印象になります。

ダークブラウン+差し色ゴールド

色が薄めのシャンパンゴールドを指し色に入れてみました。機能的には問題なし、あとは好みです。

ダークブラウン+差し色シルバー

最後はシルバーを差し色に入れています。ホワイトよりパンチが効いてる感じですね。

まとめ

最近は洋風インテリアでダークブラウンは少なくなってきましたが、今回のシミュはアジアンテイストでの差し色にも使えると思います。差し色使えるとモダンなイメージを出しやすくなりますので、ぜひ参考になさって下さい。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧