黄色部屋と相性がいい差し色9パターンをチェック

明るく元気な黄色い部屋に相性が良い差し色をシミュレーションしてみました。明るい部屋に焦点を作るような感覚で、暗めの色が相性良さそうな感じです。

まず最初は白を差し色として入れてみましたが、両方共明るい色なので馴染んでしまってアクセントになってないですね。

黄色+差し色ブラック

次は黒を差し色としていれてみました。白とは変わって暗い色なので、明るい黄色部屋のアクセントになっています。イメージはとても強い感じになってますね。

黄色+差し色レッド

続いては赤。もともと元気な黄色部屋に力強さが加わった印象です。鮮やかな色なのでアクセント、差し色としてもある程度機能している感じです。

黄色+差し色ブルー

お次は青。黄色と青は補色関係に近い色なので、アクセントや差し色としては間違いない系統の色だと言えます。柔らかいブルーだとカジュアルなイメージもでてきます。

黄色+差し色グリーン

今度はグリーンを使ってみましたが、ビタミンといったイメージの配色になっています。差し色的にはちょっと弱いですが、カジュアルな雰囲気は好ましいでしょうか。

黄色+差し色ピンク

ピンクをいれてみましたがキャンディーみたいなイメージになってしまい、差し色的には不合格。でもかわいい感じになるですね。

黄色+バイオレット

紫は暗く補色なので、アクセントや差し色としては十分活躍してくれます。黒よりも上品な感じが好ましいです。個人的にはこれが一番しっくりきます。

黄色+差し色ゴールド

ぜったい差し色としてはアウトかなって思いましたが、黄色ベースでキラリとしたアクセントをつけるには良いかもしれません。

黄色+差し色シルバー

ゴールドよりもこちらの方が機能しているとは思います。光沢感をアクセントに使うのも上級者っぽくて楽しいかもしれません。

まとめ

やはり黄色部屋は明るい部屋なので、アクセントや差し色は暗い色からチョイスするのがベストだと思います。真っ黄色の部屋は少ないと思いますが、ベージュ系統の部屋の参考にもなりますのでご活用くださいませ。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧