シンガポールのホテルのインテリアコーディネート

シンガポールのホテルのインテリアコーディネート例です。窓にカーテンではなくシェードを当てているのでどことなくビジネスライクな雰囲気がしますがこういったのもすっきりとスタイリッシュで参考にしやすいと思います。

外の寒色と中の暖色のバランスが不思議な魅力を与えてくれています。

壁一面にアートボード


壁一面に大胆なアートボードをレイアウトしています。
こういった思い切りの良さが生活感をなくしてくれてホテルライクな部屋作りに役立つと思います。

アートをソファ上にレイアウト


こちらも大きなアートをソファ上にレイアウトしています。
金縁でこの大きさのものを飾るのは勇気が要りますが、金は白い壁と合いやすいので案外はいりやすいかもしれませんね。

アッシュカラー


続いてはアッシュカラーなインテリア例です。
ホテルライクなカラーを出したいのなら、まずはアッシュで統一して照明でキラキラさせたりするのも一つのテクニックだと思います。

ラグジュアリーなカーテン


最後はラグジュアリーなカーテンです。
こういったドレープなイメージも生活感を抑える上で役立つと思います。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧