アメリカのホテルのインテリアコーディネート

アメリカ・ラスベガスのコスモポリタンホテルのインテリアコーディネートです。グレイッシュなイメージをベースにシックでゴージャスな雰囲気でまとめられています。グレーの壁紙とブルーのソファは似ている雰囲気を持ちつつも違和感が少ないので、組合せとしてはよく似合います。基本的に広い面積を持つ壁やラグなどをグレーで落ち着かせて、ダークブラウンなチェアやゴールドのクッション、アートワークなどでゴージャス感を演出していると思います。家具のデザインはモダンでラグジュアリー、そして素材感のよく分かるものを置いているので雰囲気が高まりますね。

コスモポリタンホテル リビングチェア


窓辺にリビングチェアとサイドテーブルをレイアウト。
木の床にこのセットを置くとちょっと浮いてしまう気がしますがグレーの床ならメタルと連続するのコスモポリタンホテでイメージがすっきりします。

ロビー


高級感のある光沢系壁紙がライトアップされて、かなりゴージャスかつラグジュアリーなイメージができていますね。
ソファとの色の差も少ない方なのですっきりと見ることもできます。
縦ストライプの壁紙に囲まれると空間も高く感じることが分かります。

ベッドルーム


続いてはベッドルームです。
家具自体が豪華なので真似はしにくいですが、イメージは参考にできると思います。
やっぱり壁紙に合わせてカーテンもグレーで統一すると違和感が少ないですね。クッションとベッドリネンの紺色がワンポイントで合わせられているのは分かりやすいコーディネートだと思います。

デスクとテレビ


ホテルのレイアウトではよくデスクの上に壁掛けテレビが配置されているのを見かけます。
女性の部屋には似合わないかもしれませんが、一人暮らしの男性でモダンな部屋を目指すなら参考になるレイアウトだと思います。

クラシカルな雰囲気


こちらは違うホテルの一室ですが、クラシカルな雰囲気で統一されています。先ほどまではシルバーな雰囲気でシティ的なイメージでしたが、こちらはブラウンで重厚な雰囲気をもっています。装飾的な家具をカラーをある程度近づけてコーディネートすれば意外とまとまりやすいかと思います。

シティ風


最後はちょっとライトな一室をご紹介します。
ストライプのカーペットを部屋の方向に敷き詰めると収まりがいいですし、スタイルも決まって家具も合わせやすいですね。
個性的な床や壁を持っている部屋はシンプルなもので様子を見てみるのもいいと思います。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧