横長12畳LDKを北欧テイストでコーディネート



3LDKの中心にあるため各部屋+浴室への扉が集まっている難しいリビングです。ドアの合間を縫うように家具を配置しつつリビングとしての機能を充実させるように心がけました。テイストは北欧風で、unicoの少しレトロな家具を使ってコーディネートしています。

賃貸物件情報
面積LDK12畳
住所東京都江戸川区大杉
建物マンション3LDK
家賃9万円程度

リビング入り口のイメージ

まず最初は玄関から入ってきたイメージです。右手にあるのはシューズボックスで向かいには大きめのディッシュボードとキッチン収納をレイアウト。

ダイニングの和室方向のイメージ

ダイニングの和室方向のイメージです。真ん中には中ぐらいサイズのダイニングテーブルとチェアを4脚コーディネート。

ダイニングの浴室方向のイメージ

続いては浴室方向のイメージです。めんどくさいことにダイニング内に洗面があり少し圧迫感があります。

部屋の中心にロータイプのキッチンボード

横長でドアが多いため中心にスペースができたので、ロータイプのキッチンボードをレイアウト。収納力アップだけでなくダイニングとリビングの間仕切りとして活躍させます。以下も参考に。

 リビングとダイニングの間仕切りアイデア

キッチンボードの裏側

キッチンボードの裏側には観葉植物と小物をざっくばらんにレイアウト。観葉植物で目線を和らげています。

窓際に3Pソファとローテーブル

日当たりの良い窓際に北欧テイストのソファとオーバルテーブルをコーディネート。二つとも足がかわいいです。

リビング部分のコーディネート

先ほどの反対側のイメージです。スツールやゴミ箱、チェスト上のテーブルランプなど円柱形で共通点を作っています。

あと窓際のこのポイントは人が通らなくても良いと思うのでサンスベリアのようなスマートな植物を置いてみました。

リビングの全景

最後はリビングの上部のイメージです。ソファ側にはアートワークを飾って、テレビ側には木目の時計を飾っています。

まとめ

今回の部屋はとにかく出入り口が多く玄関も含めれば5個にもなります。さらに横長なのでリビングというよりちょっと広い廊下といった印象が強いです。

こういった狭い空間を上手に使うためには、今回のように思い切って間仕切りを使うのも一つの方法だと思います。

あと北欧テイストの柔らかいイメージもいいんじゃないかなと思います。
以下に今回参考にさせて頂いた家具と、その他の北欧レトロなコーデをご紹介します。

 北欧レトロモダンMIXにまとめた2LDKメゾネットアパート
 北欧家具とグリーンに囲まれて暮らす

このコーデに関連する家具類

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧