窓をインテリアとしてとらえたホワイトリビング実例


窓がアートワークとして活用されているリビングです。
少しせまい空間だからこそ実現できるテクニックですが、リビング以外でも参考になるアイデアだと思います。
窓のスペースに沿って、ホワイトの壁付けシェルフがレイアウトされており、 窓に映る景色がまるでアートワークのような雰囲気を出しています。
壁と同じ色のホワイトシェルフだからこそこんなにすっきりとしたイメージをだすことができるんですね。

コーディネート&レイアウト


この部屋の基本的な配色は右の4色。
ホワイトは壁、ブラウンは床、グレーはソファー、そしてブラックでアクセントを効かせています。
この配色の中に、自然なグリーンが加わるとなんともさわやかな印象で居心地が良さそうです。
観葉植物では得られない、窓の景色をアートワークとして活用しているからこそのイメージですね。
ダイニングやキッチンの小さめな窓にも応用できそうです。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧