5畳の狭い子供部屋のレイアウトアイデア3パターン

今回はこのイメージのようなマンションタイプの狭い子供部屋で、レイアウトアイデアを考えてみます。広さは5畳で横長なので、結構制限がありますが、何パターンかレイアウトを作っています。

それではコーディネートの詳細を見ていきましょう。

5畳子供部屋 レイアウト1

窓際にベッドをレイアウトし、中央にシェルフを二つ、くぼみ部分に学習机を配置してみました。
入口部分にはクローゼットのドアもあるので、出来るだけすっきりさせたいですね。

レイアウト1 学習机方向のイメージ


くぼみに学習机をレイアウトしましたが、かなりはまってる感じがします。
壁にも棚を付けやすいので、部屋全体の収納力もアップするでしょう。

レイアウト1 窓際のイメージ


窓際の壁にも収納やディスプレイに役立つ棚を設置してみました。
頭方向は地震の時危ないので、控えたほうが良いでしょう。
テレビ置くとしたらシェルフの上でしょうかね。

5畳子供部屋 レイアウト2


レイアウト1の机と棚を入れ替えてみました。
クローゼットの隣に棚を置くことで、左半分が収納、といった具合にまとめられて良いかも知れません。

レイアウト2 学習机方向のイメージ


学習机の上には壁に棚を設置して収納力をアップします。
くぼみの部分は、このくぼみに合わせて棚をDIYしてもいいですね。

5畳子供部屋 レイアウト3


最後のレイアウトは、くぼみにベッドを配置して、窓際に机などを置いてみました。
頭側が隠れるので意外と落ち着きやすいかもしれません。

レイアウト3 くぼみ方向のイメージ


こういうレイアウトはなかなか出来ないので、子供からしたらちょっとワクワクするかもしれません。

レイアウト3 窓際のイメージ


やはり学習机など集中する場所は、ある程度開放的な場所に配置するといいですね。
座りながら気分転換できれば、勉強などもはかどると思います。

まとめ

狭い部屋を上手に使うには、部屋の形に逆らわずレイアウトし壁なども立体的に使えるように考えると快適になると思います。

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧