ロフト付9畳レイアウト例Part1 〜 ナチュラル渋いコーディネート

今回はユーザー様からご依頼受けまして、ロフト付き9畳ワンルームをナチュラルコーデしてみました。

部屋のインテリアがグレイッシュで洒落た雰囲気なので、大人っぽいかわいさが出たと思います。ロフトを物置にしないで、リラックスできるような工夫もちょっとやってみました。

間取りレイアウト

場所京都市
面積1Kアパート(洋室 9畳、ロフト8畳)
家賃6万円前後

入り口にデスクをレイアウト


右手のドアが入り口で、その横にクローゼットがあるので、デスクをレイアウトしてみました。
このデスクは奥行きも浅いのでかさばらず、ドレッサーとしても使えると思います。

部屋の中央にナチュラルなテレビボード


ナチュラルでスタイリッシュなテレビボードと、丸くてかわいいローテーブルをレイアウト。
観葉植物がかわいいですね。

ソファとベッドの間に間仕切りシェルフ


ソファとベッドの間にシェルフを置いてベッドの生活感を押さえ、ソファの雰囲気を高めています。
小物を収納するのにも便利ですしかっこいいですね。

間仕切りされたベッドのイメージ


間仕切りすると程良い閉塞感が醸し出され、安心感にもつながると思います。

ベッドから部屋を見たイメージ


部屋自体が広いのですっきりとしたイメージですね。

ロフト階段と部屋のレイアウト


ロフト階段は意外と面積を取るので、その周りにはなかなか家具をレイアウトできません。
階段下に収納家具を置いても良いですが、ちょっと雑なイメージになりがちです。

ロフトは収納+ゴロゴロできるスペースに


ロフトは収納スペースのみで使う人も多いかもしれませんが、階段使って物を運ぶのは大変です。
今回はキューブボックスを積み重ねて奥に収納を作り、ビーズクッションとラグを敷いてゴロゴロできるように。
キューブボックスなら何とか運び込めると思います。

ロフトから見下ろしたイメージ


ロフト付きの部屋の魅力は、この眺めを見ることができることですね。
部屋を上から見下ろすことができると、コーディネートもやりやすいと思います。

まとめ

今回ご依頼頂いたユーザー様の部屋は、広く新しい感じなのでコーディネートもやりやすいです。
部屋がグレイッシュだと、それだけで大人っぽくなりますし、他の単色コーディネートも映えやすいので、おしゃれにまとまりますね。
何より、観葉植物がかわいく見えるのが魅力的だと思います。

このコーデに関連する家具類

あわせて読みたい関連ページ

この記事のカテゴリ一覧

どんなテイストをお探しですか?

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧