カラーボックスで作るパソコンデスク

カラーボックスパソコンデスクの作り方をご紹介します。カラボデスクとは少しデザイン変わって、コンソールテーブルのような感じにしてみました。

カラーボックスで作るデスクはこちら

それでは作り方をご紹介します。

 

2段のカラーボックスでパソコンデスクを作成

カラーボックスを改造してパソコンデスクを作ってみましょう。
必要な材料はカラーボックス2段タイプが3個と合板と化粧版などです。
あとネジとボンドも用意して下さい。

一つだけ変形させて作る

まず始めに一つだけ変形して組み立てます。通常棚板を横にして縦の板と備え付けのネジとネジ穴で連結しますが、今回は棚板を縦にして、キリなどで穴を開け、ネジとボンドでしっかりと連結して下さい。この部分にパソコンを置くようになります。

並べてボンドで接着する

次に普通に作ったカラーボックス2個と先ほどのものを、横に並べてボンドで接着して下さい。これで土台が出来上がります。

天板を接着する

接着したら、左のようにボンドとネジで天板となる合板を接着して下さい。後ろはぴったりと合わせず5cmぐらい出しておくと良いでしょう。

完成

最後に化粧版を天板の上に貼り付けて完成です。この化粧版が要らない人はつけなくても良いですが、見栄えと最近の光学式マウスを直接使う場合はつけたほうが良いでしょう。

重心を安定させる

あと前に足が無いので、少し転倒の心配もありますが、天板の手前にひじを付いて思いっきり体重をかけなければ大丈夫だと思います。心配な方は左のように2×4材をつけて安定させるか、カラーボックス内に本などをたくさんつめて重心を安定させて下さい。

作成に必要な材料と材料費

  • カラーボックス2段タイプ 3個
  • ・合板50~60cm×120cm程度 1枚
  • ・化粧板50~60cm×120cm程度 1枚
  • ・必要なら2×4材90cm程度 1個

まとめ

最初に変形して作ったカラーボックスですが、めんどうならやらなくても大丈夫だと思います。
デスクトップPCを置くことを想定しての作業ですが、コンパクトなものをお使いの方も多いと思うので、自分のマシンに合わせて調節してみてください。

カラーボックスDIY家具の一覧はこちら

 

あわせて読みたい関連ページ

カラーボックスインテリアの作り方一覧へ戻る

DIYカテゴリ一覧

カテゴリの人気記事

この記事のタグ

タグ一覧